« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/06/19

誤表記

誤表記ですって(^_^;)

ポニーキャニオン

当日、買って来たグッズを見ていたら、一緒にいた1人が「1200円になってる~」と。
パンフレットが1200円ってことはないよね~
全部1200円で印刷されてたりして~
残りの1800円はどこに行くの?

みんなが持っていたグッズを全部見てみた私たち。
間違っていたのはこれだけでした。
そう、もうひとつの誤表記ルーペは誰も買ってなかった…(^^ゞ

話題を提供して頂いてどうもでした。
やっぱり問い合わせした人がいたんですね。

ついでに、キーホルダーの箱の中に入っていた、予備?のつぶつぶのことを聞いた人はいなかったのかしら?
買った人に見せて貰い、予備でしょうと言いながら、みんなで回し見していると、つぶつぶがビニール袋の隙間からポロポロとこぼれます。
あわてて拾って戻して、ついでにパン粉も混ぜる?とか、パン粉だけ色変わるかな?とかバカ言いながら(^▽^ケケケ、またこぼれるだろうと持参の袋に入れて二重包装に。
ちょっと説明欲しいよね。
というか、外れないようにするか、もしくは付いてない部分につけるノリもいれてよ。

夜のことで、わいわい騒がせて貰いましたm(__)m

あ、ルーペ。
今回参加できなかった友だちが実は持ってます。
もちろんグッズではないので、デザインは違うのですが、形も色も雰囲気もそっくり。
どこだったか、お店で購入したとか。
2800円也。グッズとしてあの価格なら納得かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ブログ記事

チームヨンハの方たちのブログに記事が上がってます。

大橋美貴子のLove Peace Music

10周年に寄せて、記事がふたつ。
あとの記事にWPK(WHAT’s IN? PICTRIAL K)に書かれた記事も載せてくれています。
きっと持ってる…あの棚の中に…

斉藤典子のNEWSな日々

ステージのバンドの真ん中に竹下さんを見つけて、ああきっと、ヨンハと関わってきた人たちがたくさんいるんだろうと思いましたが、ステージだけではなくて、警備の方達までがあの頃の関係者だったとは。

コンサートの進行が、1曲終わると暗転してから次の曲へという流れ。
「STARS」コンサートがそうでした。
後ろに流れる映像を見ながら、いろいろ思い出してはうるうるし、アップテンポの曲では楽しくなってペンライトを握ったり。
最後になった川口の映像には、悲しさが募って。

歌と演奏の音を合わせるのは難しいでしょうに、邪魔をせず、あの頃のような音を作ってくれたのは、あの頃のスタッフのおかげでしょうか。。

映像はファンにとって懐かしく見たかったものがたくさん。
ずっと近くで見てきて人が選んだに違いない。
最後の曲には、1stツアーの最後、スタッフへの感謝を述べながら涙を流す映像が挟まれていて、涙腺がゆるんで困りました。
「あれは反則だよねえ」と友だちの言葉。

ご家族と一緒に、1stツアーのバンドマスターの姿もあったと聞きました。
エンドロールには島野さんや平山さんの名前も見ました。
チーム・ヨンハ、そしてファンも大きな同窓会のように集まっていたんですね。

次の機会がぜひありますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/06/17

記事

故パク・ヨンハの楽曲に涙 - 10周年記念コンサートにファン4,000人

パク・ヨンハ日本デビュー10周年、甦る歌声に4000人が涙

サイン入りのポスターがあったことには気づかなかった…
ロビーに入って、大きなポスターを目にした途端に、泣き出した友だちがいてね。
そうなると、もらい泣きってあるもので、ささっとグッズ売り場に。
あとで戻ったのですけど、人が増えてきて、写真を撮った人はすぐ移動してくれとマイクで促される。
年表をじっくり見たいので、そこだけはしっかり写真に撮りました。

衣装は、以前見たけれど、やっぱり細いなあと。
私は、このツアーの衣装はじっくり見るとか、写真に撮るとかはあまりできないんですよねえ。

17:30に開場したと聞きましたが、ロビーのみで客席は18:30から。
どんどんロビーには人があふれてきます。
すごいよねえ、この大きな会場で、全国からこんなに集まるんだからとみんなで感心しきり。
私は京都で、札幌や帯広の友だちもいたし、帯広の友だちのお隣は九州からだったと聞きました。

この会場であった永遠の映像はきつかった。
あのあたりで見ていたっけ。すごい盛り上がりだった。
その本人がいたはずの場所にはスポットライトだけ。

みなとみらいは想い出が多すぎます。
会う人会う人に、このときはこんなだったといろいろ話しがはずんでしまいます。
初めて来たという人にもいろいろ説明してしまう。

楽しくて、でも寂しくて、帰り道ではなぜ?と。

10周年、ひとくぎりで終わりませんように。
また友だちと会いたいから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

横浜

1泊2日の横浜から、無事帰宅しました。

暑かったです。
風も吹くし、気温も30度以下。
それでも、まだ夏に慣れていない人間はへとへと。

コンサートでした。
オーケストラとヨンハのコンサートで一緒だったバンド、そして声だけのヨンハ。
司会もなく、挨拶もなく。
それでも、歌っている映像や、イベントでの映像などが、うまく合わさって素晴らしいコンサートになっていました。
生の音は、フィルムコンサートとは全然違いました。
自然とアンコールも起きて。

グッズになかったペンライトは、入場時にカードと共に配布されました。
ポキッと折ると、緑っぽい青。
終わる頃にはキレイな青になっていました。
ホテルに戻って、袋のなかで放つ青が懐かしく切なかったです。

見たことのない映像も少しあったので、DVDになるといいなあ。

ギリギリまで余っていたチケットは、楽しい方に参加してもらえました。
久しぶりに会えた友達とランチして、ヨンハゆかりの場所に行ってみたり、コンサート後も食べながらおしゃべりしたり。
今日は展望台に登り、シーバスにも乗りました。
楽しかったです!

お会いできた皆さまにありがとう♪お土産もありがとう!

私が配ったもののひとつをご紹介。
全部配ってしまって写真がないのですが、北欧雑貨のタイガーコペンハーゲンに、星や四葉をモチーフにしたキーホルダーがあります。
ビックリの200円で、チャームが4つほど繋がっています。
機会のある方はぜひ探してみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/06/13

記事

韓国で記事が出ました。

日本で故パク·ヨンハの4周忌追悼行事開かれる

故俳優パク·ヨンハの4周忌追慕行事が今年も続く。 ヨナエンターテイメントは、故人が日本を初めて訪れた2004年6月16日を記念して来る16日'パク·ヨンハ、日本デビュー10周年記念コンサート-ソング·フォー·ユー」がパシフィコ横浜ホールで進行されると12日明らかにした。 パシフィコ横浜ホールはパク·ヨンハが日本で初のコンサートを開いた公演場である。 コンサートの制作陣は、故人が日本で発表して人気を集めた20曲を選定して、新たに編曲してファンにプレゼントする。 50人組オーケストラの旋律に合わせて、彼の歌を聴かせてくれる形式で進行される予定だ。

L_2014061202000683300159691

パク·ヨンハの姉の夫であるキム·ジェヒョンヨナエンターテイメント理事は「10年前にパク·ヨンハの日本デビュー当時のように作業していた日本の関連会社が集まって、1年前から準備した"とし、"彼の日本初公演の場所で意味のある日に追悼公演が開かれ、故人の家族が喜んでいる」と伝えた。 イベント主催者側は「パク·ヨンハは、相手を先に配慮して疎外された人々を無視していない人だった」とし「たとえ彼がこの世にありませんが、いつも輝くごとに私たちの胸の中に永遠に残るだろう」と伝えた。


載っている写真がとても若い頃のもので、かわいいです。十代?

気がつくと、もう金曜日。
あといくつ寝たら横浜?え、3つ?

ぜいたくにも、のぞみで往復。だって格安新幹線チケットがないもの(T_T)
でもホテルは激安。
変更が出たので手配し直したら、直前になったためか格安プランが見つかりまして。
ダンナに「大丈夫かそこ」と言われる価格。
いえいえ、普通のホテルでございます。駅前だし。

天気予報では暑くなりそう。
雨はなにかと困るけれど、真夏の暑さにはまだ身体が慣れてない。
ちらっと雨が降る程度がヨンハイベントにはふさわしい気がします。

チケット1枚あります。
価格は相談に応じますので、行ってみようかなな方いらっしゃったらご一報ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/06/09

チケット

来週に迫った10周年のイベントですが、一緒に京都から行くはずの友達が、足首を負傷して行けなくなりました。

仲間で6枚手配したチケットが1枚余ってます。
席は前方中ほど。
もしも、今から行ってみようかなという方がいらっしゃいましたら、ご一報下さいm(__)m

2日前、私も自宅で転びました(^^;
掃除機のコードが何かに引っ掛かったはずみでバランス崩して。
両膝と、両手を、床にドン!
左手と右足が、痛いです。

踏ん張れないみたいですねえ。
足腰使って、柔軟性やバランスとれるようにしなくちゃ。
もう、若くないもん(-_-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014/06/02

SFJ

SFJにNEWSです。

雑誌掲載情報と、フィルムコンサートのお知らせ。

6/3発売の女性自身と週間女性に、グラビアや家族のインタビューが載ります。


火曜日の朝刊には雑誌の広告が載って、たいてい夜帰ってきたダンナが見つける。
「載ってるよ」とダンナ。
「知ってるよ」と私。
ときによっては、「買って来た。ここにあるよ」と私(^_^;)
明日は見てから決めます。

フィルムコンサートはたしか昨年も、六本木だけが発表されました。
その後、心斎橋でもあるとなったはず。
今年はどうかな。
あっても、心斎橋は2回くらい?もしかしたら1回?
あるといいね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »