« また雪… | トップページ | アイドリングストップ…? »

2014/02/17

韓国記事

SFJにこの春のソウルツアーのお知らせが出ています。
前回と少し違っていて、ソウルの森がはいっています。

先日の前マネージャー執行猶予・釈放の決定を受けて、お姉さんとお義兄さんがYONA Entertainmentで単独インタビューに応じたそうです。

その韓国記事。
故パク·ヨンハ、遺族」のマネージャー、法さばき立てた理由​​は、 "(インタビュー)

2010年6月30日パク·ヨンハ死亡〜2014年2月13日前のマネージャー、執行猶予まで

俳優パク·ヨンハの元マネージャーA(33、女)さんが私文書偽造、偽造私文書行使、詐欺未遂、窃盗の疑いで、1審で懲役8月を宣告されて法廷拘束された14日、控訴審で執行猶予で釈放された。
昨年11月15日に行われ、1審結審公判で法廷拘束、ソウル拘置所から3カ月間収監されてから3ヶ月ぶりだ。
裁判所は、原審の判断は正当であると見て公訴事実をすべて有罪と認めたが、詐欺は未遂に終わって盗まれた物品をすべて遺族に返された点を斟酌して執行猶予を宣告した。
A氏は去る2010年6月30日パク·ヨンハが死亡すると、一週間後、東京の銀行で、自分が持っていたパク·ヨンハ印鑑を利用して預金の請求書2枚を偽造し、2億4000万ウォンを引き出しを試してみて、故人が設立した企画会社のオフィスで、故人の写真集40巻と2600万ウォン分のアルバム、オフィス備品、カメラ、写真などを盗んだ疑いで起訴された。

裁判所は「A氏が預金請求書を偽造してフェッチしようとした金額などを考慮すると、責任を問わざるを得ない」とし「故人の突然の死に絶望感に陥った遺族に別の苦痛を抱かせた」と述べた。続いて「Aさんが十分に社会的に非難を受けた組織を維持する容易になったこと、詐欺が未遂に終わって窃盗した物品を返した点などを考慮すると、実刑維持は厳しい」と執行猶予を宣告された理由を明らかにした。

A氏の執行猶予が宣告された日の夕方、ソウル蚕室ヨナ·カンパニーで故パク·ヨンハの姉の夫キム某さんとのお姉さんの朴氏に会った。二人は1年以上の試用期間を終えながら話が多く見られた。Aさんについては、「残念だ」としながらも、執行猶予で終わっ法の裁きをこの上なく惜しんした。それとともに、去る2010年6月30日パク·ヨンハが亡くなった後、この日までに二人がなぜ1年半が経過した時点から、法の裁きを受けようとしていることを言った。インタビューは2時間に渡って行われた。金氏と朴氏の主張を加減なしに移す。

「犯行後、会社のデータを持っているタイ·サイパンでの一ヶ月間、潜伏"
"ヨンハが突然そうなって、わずか一週間で半月の間には想像できない多くのことが起こった。Aさんがやらかしたことを私や家内がほとんど分かっていたその時は心の余裕がなかった。
ヨンハがいないのに、公にマスコミに知らせ、また一度故人の名前を出るようにするのが正しいことを心配した。
ヨンハもそうなったし、家族も当時大変だった。父もホスピス病棟にいる状況であった。
キムさんとパクさんは、実際にA氏法の裁きに上げるつもりがなかった。惜しくもこの世を去ったパク·ヨンハのためだった。
しかし、パク·ヨンハ死後Aさんが周りにいると言うが、二人を激怒させた。故パク·ヨンハと家族の名誉がかかったことだったからだ。
-キム:Aさんが2011年7月に某エンターテイメントに入ったアイドルグループのマネージャーの仕事を始めた。しかし、周りの人たちに自分がやったことを正当化するためなのか事実ではない話をしてなんていたよ。さらに、家族関連の話も事実ではないことを実際に引き揚げ騒いで通った。自分は何も間違ってはない、自分はマネージャーの権利としてした家族が、自分が横領、窃盗をしたとしながら、自分を苦しめるなど話にならない多くの話をしてなんていたよ。
本当に深刻な状況だった。 パクさんは「葬儀式場から、後で分かったことだが、我々は、悪い人になっていた。
それは、Aさんがする行動と雰囲気がおかしいと感じた時が経つに連れてだんだん分かるようになったし、1年後からは、より詳しく知ることになった。
その1年余りの期間中にAさんと何回か会ったが全く反省や申し訳ない気持ちどころか、あまりにも堂々とした」とした。
キムさんとパクさんは2011年11月、検察に陳情書を出し、以後A氏に対する検察の調査と起訴、裁判が行われた。その後、何があったのだろうか。

-キム:2010年6月30日にパク·ヨンハが死亡し、7月7日にAさんが日本に行って横領未遂をした。
裁判所では、2億4000万ウォン( 1800万円)が扱ってたが、その他の6000万ウォン(400万円)引き出したのが他にもある。
この400万円はAさん名義の通帳のお金だった、実際には会社の資金で会社で管理していたお金である。それ事件が行われた7月7日、同じ日に引き出していった。
会社の関与をしなかった我々が知らないと思ったのだ。後に日本の会社と仕事の処理中に、この事実を知ることになった。
一ヶ月後にタイから帰国したA氏に会い、その話をし、ヨンハがこの世去る前に「それはお前持ちなさい」と言ったよ。だから、自分が持っていったとした。
-パク:そのお金は会社のお金ではないか。8月下旬に返しもらったそれとともに言葉が自分のお金なのにくれるよ。だけでなく、 Aさんが持って行って返してくれなかった会社法人印鑑、法人印鑑、通帳などをタイから帰ってきはじめて取り戻すことができた。
キムさんは「未遂に終わった2億4000万ウォン、1800万円は、1円単位まで正確に書き留めて、銀行に出した十分なすべてのものを持って行こうした」とし「しかし、私たちが心痛いのはその2億4000万ウォンより他のことにあった」と語った。
「緩和物品、返してもらったことはなく、私たちが訪れた」
-キム:7月14日にA氏が午後3〜4時、ソウル清潭洞(チョンダムドン)のオフィスに来て、騒動を張って出て行った後、午後7時頃に再び入ってきた5時間かけてAさん、Bさん、Cさん、Dさんの4人が、オフィス什器や会社の書類などを持って行った。
エレベーターのない建物なのに、数十回に渡って5階を上り下りして物を運ぶ姿がCCTVに撮られた。ボックスに30箱を超える。
我々は怒りするのはこの時ヨンハのCDや写真集、トロフィーなどの記念品たちまで芽持っていったのだ。
-パク:100リットルのゴミ袋2つをしまいましたが、会社の書類を破砕したのだった。CCTVを確認して、ゴミ捨て場から持ってきた。これは今も保管している。
二人によると、Aさんは犯行後、自分の下でマネージャーの仕事をしていたBさんと一緒に窃盗した会社の資料を持って一ヶ月間タイとサイパンに潜伏した。

-パク:後にメールでタイで連絡が来た。AさんとBさんの退職金もらう。そのメールが来る前に、他の従業員は、退職金も精算をしてくれたので、Aさんも退職金は当然与えるのが正しいと思っていたいくつかの事件を犯した状態で、どうしてそのように、堂々と話すことができるかどうか。
口座振替してくれというのに顔を見てくれると受けてこいとした。数日後、Bさんが自分の退職金をもらってきましたよ。退職金を支給した後に撮った会社のデータを出せとした。すると、会社、そのデータがAさんの家にいるといってBさんと一緒にAさんの家に行った。

その家に行くとのように窃盗をしたDさんがその家にいたあきれるようにも会社にあった、消えたヨンハのものがそこにあるあった。
弁護士に尋ねてみると、我々のものだから、自力救済にインポートすることができるとして訪ねてきた。Aさんが自分が遺族に返してくれたのにそんなに私たちが訪れたのだ。いまだにAさんがなぜ物を持っていったのか、推測はいくが、直接の説明はなかった。

◆2010年6月30日パク·ヨンハの死亡当日
-パク:Aさんが葬儀場から代表を変えようとした。Aさんが葬儀受ける間、私に取り出した話の一つが代表変えようという話だった。会社の状況を話しながら大変私のように話していたよ。当時会社の代表人がヨンハの母親の名義でされていた当時の話をするのが父の名に置き換えてもしようとした。しかし、父は、当時の病中だから、ホスピス病棟におられた。それともAさんの自己の名義でしようとしたよ。どころではないのに、今の会社名の変更で何が大事なのか優先ヨンハよく過ごすだんだん上にしようとした。中には「このような状況には話が出るのか」と思った。雰囲気がとても変だった。

◆2010年7月1日、パク·ヨンハ出棺前日 -キム:妻と私は、この日早朝に一山と盆唐に張地を見に通った。母は突然の大変に父がおられる病院に入院した。同日、日本のファン(Aさんと親しい。パク·ヨンハの熱烈なファンだから死の知らせに急いで韓国に来た。法廷では、ファンが書面での証言を提出された)の葬儀場に来て、家族がないのが困惑Aさんに聞いたところ、母は買い物に行った姉と姉の夫はご飯食べに行って席にないと言ったよ。
その時、その日本のファンは、家族が本当に悪い人だなと思いをしたとする。
-パク:そんなことが私たちを怒らせている部分である。Aさんが私達が中指を見に行くのか知らなかったわけでもない。その日は私の姉も行ってこいと挨拶までした。姉中指よく行っていらっしゃると、席よく見ていらっしゃると。
-キム:家族はそんなに悪い人作りながら、葬儀期間中に知っているだけの芸能人たちが入ってくると急に抱かれて泣いてそうしたよ。万感が交差した。葬儀場に来られた方々がAさんがなぜこんなにオーバーするかどうか困惑していたよ。Aさんが誰てきと倒れ握って泣いてないから。
-パク:我々は、この事件を法に訴えた理由の一つは、このような常識的に理解できない人が芸能界で仕事をしながら、第2、第3の犠牲者を作らないように願う心である。


◆再び6月30日パク·ヨンハの死亡当日

-パク:突然のことに気ないのにAさんが私にBさんを連れて行って、ヨンハのコンピュータに自分の中指を決定したところがあることを確認してみようと。その日の夜12時にヨンハの家(ノンヒョン洞)に行った。このとき、Bさんがヨンハ物、コンピュータ、バッグ、携帯電話のようなものを全部持って行った。
私は心の余裕がなかった必要だとしたら持って行くようにした。

そしてヨンハ出棺の日(7月2日)の夜遅くにAさんに電話があった。
「パク·ヨンハの家のドアちょっと開けてくれ」といったよ。Aさんがマネージャーなんて元の家のドアのパスワードを知っていた。しかし、死亡当日の母は夫にパスワードを変えるようにした。だから、夫が変えてきた。
だから、Aさんが入ることができなかったのだろう。
なぜか聞いたら、自分が整理もして掃除もしなければならないとした。だから、弟のものは、母が最初に触れるのが正しいようだが、私大まかに整理するからと開けなかった。
そしてヨンハが離れた瞬間から、奇妙なことが多かったから、ますます開いてくれることができなかった。 執拗にも翌日午前5時に電話をして、家の前だから、パスワードを教えてくれと言った。

状況が尋常ではなく、朝早くオフィスでA氏に会った。Aさんは、会社の話をしながら会社の通帳とし、2つを示した。ぴったり2個であった。話にならない。の中に「ああ、お前は本当に変な人だな、会社の通帳2つだけというのが話にならない」と考えた。後で確認すると会社の通帳がはるかに多かった。

◆2010年7月7日Aさん、日本の銀行から引き出し試み

-キム:Aさんが7月7日の夜の飛行機で韓国に帰って来て私たちの家に夜11時ごろに来て、30分ほど話をした。当時進行中だったコンサートが中止され、数十億ウォンの損害がしたした。
献花式をするのに非常に小さな規模で、スタッフが集まって、家族はなしとした。その翌日、家族とは相談せずにそのように報道資料を出したよ。
実は7月7日午後、日本のマネージメント社でAさんの銀行引き落とし件確認電話が来て深刻な状況であることを把握して、家族が翌日、日本に入ってくると要請した。7日行脚がばれたことを認知した李氏は7日の夜に韓国に帰って来て、家族は翌日、日本に行った。
8日に出て母が日本に行って関係者たちの話を聞いて7月18日、東京国際フォーラムでの献花式が大幅に進行される予定であり、家族も当然参加するものであったを知ることになった。
実際に献花式当日には2万人のファンが参加した。キムさんとパクさんは「Aさんが当たり前の家族の権利を徹底的に冷たいせる奇妙な行動をなぜしたのか到底理解できない」とし「一方では、かなりの意図があったことを推測することができている」とした。

◆2010年10月22日パク·ヨンハの父の死

-パク:父の葬儀の入棺式と、葬儀場で家族がいない隙を利用してAさんが哀悼の言葉を来た。
後で見たらヨンハの友人のアーティスト数名を送ってくれたよ。多分友人は連絡先がAさんしかいなくてAさんに電話して、葬儀場に来たようだった。
その後、私たちの親戚がAさんが外で電話する音を聞いた」家族はとてもよくておら心配してはいけない」と言ったという。家族といつも連絡してよくやっていくかのようだ。パク·ヨンハ死亡した直後から、そのような犯行をした人が堂々と父の葬儀場に現れ、このような行動をすることができるかどうか、また一度この人は本当に悪い人だなと思った。
パクさんは「この話を一生ない言えばヨンハに申し訳ないようだった"とした。彼は「もっと言うことができる部分があるが、それでもこれだけが明らかにした」とし「この程度でもしなければ、とても大変なことだった」と目頭を赤くした。
-キム:私たちは、Aさんの引き出しを試みても無為に終わっヨンハ物も発見期に法的対応はしないつもりだった。死んだヨンハの名前が再び昇り降りするのを望まなかったから。
しかし、私たちの周りでご存知の方、日本の方も、私たちが法的に対応しなくてくよくよあるから、なぜじっとしてあるかといったよ。だから、2011年11月に検察庁に陳情書を入れた。検察から1年以上の調査をし、2013年2月にA氏を起訴した。
起訴時に簡単な戦いではないだろうと覚悟したが、これがおよそ2年半に渡って行われた。

「ヨンハと兄、弟だったEさんは、なぜAさんを採用したのか」韓国芸能マネジメント協会(以下「ヨンメヒョプ')は、賞罰調整倫理委員会(以下「サンボルウィ」を開き、Aさんに対して、今年1月採用禁止決定の議決した。これは事実上の芸能界退出措置として、裁判が進行中の事項についてヨンメヒョプが採用禁止の決定をしたのは異例なことだ。
サンボルウィは、「Aさんが社会的な物議を起こし、その結果、社会的に、この業界従事者に大きな傷を残した」とし「裁判が進行中であることにもかかわらず、結果を待って自粛しているべき時にも、国内某エンターテイメント会社のマネージャーで堂々と仕事をし、日本で堂々と活動をした」と指摘した。
サンボルウィは「A氏が懲役刑後も日本などで芸能マネージャーとして活動する可能性が濃厚な状態」と「非適格芸能マネージャーAさんの情報を日本のエンターテイメント関連会社に渡すものであり、大韓民国のすべてのエンターテイメント関連団体にも通知され、業界のゴンシ ​​ルファを図ること」と明らかにした。

-キム:裁判は終わったが、まだ疑問がかかる部分がある。2011年7月ごろにAさんとBさんが某エンターテイメントに入社した。有名作曲家E氏が共同代表である会社である。
Eさんとヨンハは生前に作曲家と歌手に近いとの間であった。死亡直前まで兄、弟の間で過ごした。
ヨンハが死亡し、2010年9月にE氏に会い、Aさんの話をしながら、いろいろなことがあるが、どうすれば良いかとしたら、法的に処理するように、躊躇しないようにした。
しかし、わずか1年足らずのAさんとBさんを採用した。Eさん訪ねてどのようにA氏を採用できるのかとしたところで書くしかないよ。後Eさんに数回会ってA氏の採用について尋ねた。そのたびに、正確な回答を避け、言葉をドルリョトゴもし有罪判決が出れば、誰よりもAさんを処理するとした。

今ではEさんがAさん採用した状況であり、裁判で有罪が出たら断罪をして母をお伺いするとしたが、昨年5〜6月ごろになる。そして8〜9ヶ月が経ったのに連絡もない。
サルナル多くのAさん、反省して住んでいた「故人の姉パクさんは「大変な時間らだったが、不思議なことにAさんが空日ごとにバケツが私を見ると、魂がある気がする。ヨンハの魂だ」とした。キムさんは「ヨンハが行った3年半くらいなった今、家族もある程度安定した。その当時は、一日、一日過ごすのが苦痛だった。また明日何が起こるだろうか心配だった」とした。

-パク:A氏が昨年11月、法廷で「パク·ヨンハと、今まで一緒にしてきた会社として、その権利に(遺族)の家族を守ろうとしたが間違って歪曲なって、この場に立ったとしたのがまだ記憶に残 ​​る。
-キム:A氏が昨年11月、法廷で「パク·ヨンハと、今まで一緒にしてきた会社としその権利に(遺族)の家族を守ろうとしたのが、このような結果になった」と言ったことがある。
普通の人なら反省と謝罪が先ではないか。しかし、Aさんは一度だけ謝罪のメッセージもなかった。

-パク:日本のファンこの一斗が思い出される。自分はAさんと打った妹のように思っていた自分が知っているAさんが、今後サルナルが、より多くの人なのに反省をしてよく住んでいて欲しいといったよ。その方が泣きながらそのような話をするのに万感が交差した実はAさんの許し?そんなことがあるのかは分からないが、今後、その人が日本のファンの言葉のように住んでいて欲しい。

|
|

« また雪… | トップページ | アイドリングストップ…? »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/59153312

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国記事:

« また雪… | トップページ | アイドリングストップ…? »