« メモリーズツアー | トップページ | また雪… »

2014/02/14

猶予判決

韓国サイトにたくさん記事が出ています。
日本語サイトにも。
11月に法定拘束された元マネージャーが釈放されました。

朝鮮日報故パク・ヨンハさんの元マネージャーに猶予判決

故パク・ヨンハさんをめぐる私文書偽造、偽造私文書等行使、詐欺未遂、窃盗容疑で係争中の元マネージャーに執行猶予付き判決が下された。

 ソウル中央地裁は13日、一審で実刑を言い渡された元マネージャーに対し、懲役8月、執行猶予2年の判決を下した。地裁は、元マネージャーが社会的批判を受け、職業を維持するのが難しくなった点、詐欺が未遂に終わり、盗んだ品物を遺族に返した点から、執行猶予付き判決を言い渡した。

 元マネージャーは昨年11月に一審で懲役8月を言い渡され、法廷拘束(実刑判決と同時に裁判所が被告の身柄を拘束すること)された。

Innolifeパク・ヨンハ死去後に預金を引き出そうとした元マネジャー、控訴審で執行猶予

ソウル中央地方法院刑事控訴9部(部長判事カン・ウルファン)は、13日、故人となった韓流スターパク・ヨンハ名義で書類を偽造して、数億ウォンの預金を引き出そうとした容疑(私文書偽造、および詐欺未遂など)で、パク・ヨンハの元マネジャーイ某(33、女)に対する控訴審で、原審とは違い懲役8ヶ月、執行猶予2年を宣告した。

裁判所は1審の判断と同じように公訴事実を全て有罪と認定したが、詐欺が未遂に終わった点などを考慮すると、実刑宣告はとても苛酷だと判断した。裁判所は「この犯行が絶望に陥った遺族に再び苦痛を与え、イ被告が引き出そうとした金額などを考慮すると、これに相応した責任を問う必要がある」としたが、「すでに十分な社会的非難を受け、詐欺行為が未遂に終わった点、盗んだ物品は遺族に返還した点などを考慮すると、実刑宣告はとても重い」と説明した。

イ元マネージャーは2010年7月、俳優兼歌手パク・ヨンハが死亡すると東京に所在するM銀行青山支店から、預金約1867万9800円(韓貨約2億4000万ウォン)を引き出すように預金請求書を偽造・行使した容疑で起訴され、1審で懲役8ヶ月を宣告された。

イ元マネージャーはまた、ソウル江南区清潭洞の芸能企画社の事務室から、パク・ヨンハ氏の「GIFT写真集」40冊(市価720万ウォン)をはじめとして、市価2645万ウォン相当のアルバムや事務室の什器などを、こっそりと持ち出した容疑(窃盗)も受けていた。

有罪ではあるが、社会的非難を受け、物品を返還したことで考慮されたとあります。
ほんとに全部返したのか、他の罪については証拠がないから問えなかったとも聞きます。
反省して、謝罪しているわけでもないのにと思うと、腹立たしいです。

|
|

« メモリーズツアー | トップページ | また雪… »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/59128431

この記事へのトラックバック一覧です: 猶予判決:

« メモリーズツアー | トップページ | また雪… »