« メルマガ | トップページ | 追放へ »

2013/12/28

韓国記事

20131227143322_1_201401_420421

누나가 말하는 '전 매니저' 사건 전말 그리고 박용하의 추억이야기
(姉が言う「元マネージャー」事件の顛末とパク·ヨンハの思い出話)

パク·ヨンハ、彼を送ってから3年6ヶ月が経った。それでもまだ我々は、彼の消息を聞いている。彼を思い出される嬉しいニュースもありますが、時には胸が痛む事件もあった。パク·ヨンハの意志を受け継いで「ヨナ·カンパニー 'を担当している彼のお姉さん、パク·ヘヨン代表と姉の夫キム·ジェヒョン理事に会った。彼らの心にだけ入れておくしかなかった過去の話とパク·ヨンハを追憶する人々の話をしようとしている。

彼はまだ私たちのそばに
パク·ヘヨン代表とキム·ジェヒョン理事に会うためにソウル蚕室(チャムシル)にあるヨナ·カンパニーに向かった。
エレベーターが降りて来るのを待つのは、EMS小包ボックスを持った配達員も一緒だった。
送り状にはっきりと書かれた「TO Park Yong Ha '。日本から送られたパク·ヨンハの贈り物だった。
受けることができない誰かに送るクリスマスプレゼント.... どんな気持ちで過ごしたのだろう?休み推測することができない感情だった。「日本では、プレゼントやファンレターはまだ来ています。ヨンハに送信するだけでなく、母、ヨンハ甥である私の息子そして私たち夫婦の内外まで取りまとめてメールを送ってください。韓国のファンも、季節ごとに果物や補薬を送ってくれていつもありがとうございます。難しいことを経験した人々がお互いに依存するように、そのファンとうまくやっています」パク·ヨンハの家族は毎年、彼の追悼式と「メモリーズ·ツアー」に参加する。最初はあまりにも早く行ってしまったこれを置いて追悼式や遺品前に、写真展を開くということの悩みもあった。国内情緒にはなじみのないことだったから。

「日本で一緒に働いていたレコード会社やマネージメント社とファンクラブの関係者の方々が'彼は残念ながら行ったが、少なくともファンたちのためにもしなければならないだろうか」と私達を説得したんです。
そして、連れて行ったところが、日本某有名芸能人の10周年遺品展でした。
さまざまな年齢層の人々が集まって去って、回想して話を交わす姿が本当に印象的でした。
お母さん、お父さんの手を握ってついてきた子供のファンを見ながら多くのことを感じてみようと決心しました。
最初は1年くらいしてほしいと思っていたように3年以上していますね。

「何よりもパク·ヨンハを愛するファンがあったので可能だった。彼は今、いませんが、彼 ​​を愛した心だけは相変わらずだった。
「ヨンハのような場合には、真の特異ですね。どちらか一方がしたいことができることはないでしょう。行事を進行する関係者、ファンそして家族が一つの心になって、今までに追悼式を行っています。日本の関係者の方々とは、どのような契約関係もなく進行していて。弟への本当の心が通じ合ったとしか考えられません。
" 日本は韓国に比べて追悼の文化が普遍化されたのが事実だ。しかし、彼らの立場でパク·ヨンハは、外国の俳優であり、日本で長期間活動した人でもない。それから3年が過ぎた今も彼の追慕するために数千人のファンたちが一堂に集まる。その数々のファンがパク·ヨンハの代わりに見たがる人がいる。彼の母、オヨンラン夫人だ。

彼女もファンとの時間を過ごして、最初に送った息子の傷を癒しています。「元気にすごそうとしています。実際に母親の立場から、一日に何度も心がドキドキしました。お母さんにあんまり懐かしくて気立てが優しい息子だったからでしょうか。朝、目を浮かびながらから一日中ヨンハを胸に暮し。しかし、ファンに直接会い、癒しを得ておられて、どのくらいよかったのか分からない。
ヨンハが盆唐(メモリアルパーク)や、またはここにオフィス、坡州(パジュ)薬泉寺(位牌が奉安されている節)で偶然ファンたちに会えば一緒にお茶も飲み、食事もしてください」彼女は息子に会いに盆唐メモリアルパークに行く時は魔法瓶にコーヒーを持っていく。もしかしたら会えるファンと一緒に飲むためである。
もし息子が生きていたら、わざわざ距離を置く彼らだが、今は抱きしめて手を撫でてお互いの傷をかばう。
「ファンに感動した部分が「過去にはヨンハが自分たちに喜びも与えて勇気もくれたから、今は自分たちが母にその愛をお返ししたい」としている。
ファンレターの内容を見ても「彼がいない、その苦痛が辛い」という内容ではなく、「有難く嬉しかった。いつも思い出して生きる」という方が多いです。

「朴代表は、ファンの中で最も記憶に残 ​​る一人がいると明らかにした。彼女はパク·ヨンハの「元マネージャーの預金の引き出しを試み事件」の訴訟の法廷に出て「マネージャーの過去の行跡」についての証言をしてくれた日本人のファンだった。ありえないことが起こったパク·ヨンハ側証人席に立った日本の女性。彼女はパク·ヨンハの草創期のファンで、日本の銀行に預けられているパク·ヨンハ名義の預金3億ウォンを不正に引き出ししようと拘束された元マネージャーイ某とも個人的な親交を持っている人だった。
彼女は韓国の法廷では、イ某氏がこれまで自分にしていたパク·ヨンハの家族に対する誹謗、嘘の詳細について証言してくれた。
「私達が訴訟を進行しながら元マネージャーの証言をお願いした。もし拒絶後でも理解できました。
ところが、日本のマネジメント関係者たちと一緒に喜んで証言してくださったよ。それは本当に簡単なことではないんですよ。本当にありがとうございました」
3億ウォンの預金を引き出すために、このイ某氏はパク·ヨンハの名義で預金請求書を偽造した。彼が去って1週間後の2010年7月7日に行ったことである。
"こっそり図っていたことがばれたイ某氏は、自分がしたことを正当化するために、周りの人たちに家族を非難し始めたのです。彼女がしたことを見れば裏切りは弱い言葉です。より深刻な単語があればそれで話をしたい」
元マネージャーイ某氏は日本での活動で、財力があるファン、社会的地位のあるファンを集めて別々に管理したことも証言してくれた日本のファンのおかげで、新たに知った事実である。彼女も資産家だった。
「私達はヨンハの仕事には全く関与していないため、イ某氏が何をしていたのか知らなかった。知ってみると、日本のファンとの個人的なことにも多くの支援を受けてきたのです。今回のことは本当に鳥のように言えるほど最小の判決を受けたんです。 "

何よりも、朴代表が最も胸痛かったことは証言台に立った女性の最後の言葉だった。「彼女は涙を流しながら「今からでもパク·ヨンハと家族に残した傷を反省して残りの人生を正しくできて生きていって欲しい」と言ってましたよ。彼女としては真心がこもった一言だったが、当事者が知っている聞いたかはよく分からない」
イ某氏は現在法廷拘束され、ソウル拘置所に収監されている。執行猶予2年を宣告受けるはずで、最終宣告日に拘束されるだろうとは誰も予想しなかった。
宣告を受けた瞬間に、イ某氏は誰かと携帯電話で文字メッセージをやりとりする余裕をみせ、裁判官が"何をしているのか?私の言葉をまっすぐに聞け! "という警告したほどだ。
「私たちは彼女の拘束を望むより多くの人が事実を知っていたら良いという気持ちで訴訟をしたんです。しかし、判事は彼女の罪質が悪く、自分に有利な状況を作ろうとの証言が行ったり来たりして法廷拘束をするという判決を下したとき、万感が交差し、結局、私たちの心が通じた気がしますね。家族がこれまで受けた苦痛に比べることはできないようにも一つの結び目を建てることができた"
彼らが最も我慢できなかったのは、「事件」1年後には、イ某氏がJマネージメント社に入って男アイドルグループを担当しているというニュースを聞いた時だ。収監される直前まで、この某氏はVグループのマネージャーであった。
「芸能界関係者たちは、そのような事件を行っても、彼女は堂々とマネージャーをすることができるかどうか困惑しており、彼女は言い訳して私達をうわさしたそうです。挙句の果てに話を聞いたヨンハの友人まで誤解し始めたので、家族としてじっとしているだけではありませんでした。

" 振り返ってみれば奇妙なことは一つや二つではなかった。いきなり行った葬儀。家族は、ただむなしいし、涙さえ出なかった。ところが、イ某氏は葬儀場で有名な芸能人が来ると、彼をつかまえて嗚咽した。最初は本当に悲しんでいるんだなと思いましたが、人影がまばらな夜になると家族を呼び出して「会社をどうするのか?代表を変えなければならない」などという、常識的に理解できない言葉や行動をした。
「三虞祭をすませた後でした。彼女が夜の11時に私に電話をしてヨンハの家のドアを開けてもらうんです。理由を尋ねたところ、「荷物の整理をしなければならない」と言いますね。私ちょっとはなく「荷物の整理は、母親がすべきは、なぜあなたがするのか」と断ったんです。
後で考えるとだ理由があったんですよ。「この某氏は「預金の引き出し事件」1週間後の7月14日、オフィスでパク·ヨンハの遺品を含む写真集などを無断で持って行くこともあった。その量がなんと30箱だった。彼女は法廷で主張していた「これまでの設定を考えて所蔵していたかった」という意図としてはとても多くの量である。「数十個の箱がお土産か?またヨンハが生前に受けたトロフィーは、なぜ持っていったのですか?どう ​​しても個人のオフィスを別々にしようとしていたことが推測はできます。そんなことをしておいても後に私達に連絡して退職金を精算してくれますね。もちろん、当然してくれることがあるのでしてくれました」
イ某氏は懲役8ヶ月を宣告された状態。その後、マネージャーに復帰するかはまだわからないことである。

パク·ヨンハが残した宿題
2009年パク·ヨンハはNGO団体であるグッドネイバーズとともに、アフリカのチャドに行ってきた。
当初は井戸を作って戻ってくる単発的な仕事だったが、そこの劣悪な状況を体験したパク·ヨンハはもっと大きな絵を描いた。
「ヨンハが井戸を作るいうよりも、井戸を掘ることができるようしなければならないだろうか」と言って学校を作ろうという意見を出して「ヨナスクール」を作ることになったのです。そうは6カ月後の2010年5月に再びアフリカに入って行きました。
6月に新しいアルバムの日本ツアーを開始したので、本当に無理な日程でした。ツアーを終えてのかという家族の引き止めにも必死になって、そこを行きましたよ」
彼が残した日記を見るとチャドへの愛情が格別だったということを知ることができる。井戸や学校建設にとどまらず、継続的なサポートに幼稚園、保健所などを建設し、大規模な村を作成した計画が書かれている。
「ヨンハが本気でやりたかった仕事であるようです。それをせずに行ったので、心にいつもかかりました。パク·ヨンハの名前で継続してサポートしているファンも「ヨナスクール」の進捗状況についてのお問い合わせをたくさんします。従って、長期的なプロジェクトに対応できる手段を用意しました。すでに今年4月に「ワン·ラブ」という慈善団体を発足させました。
可能な場合、2014年や2015年に直接私達がアフリカに行こうよ」パク·ヨンハは去ったが、まるでどこかに生きているような気もする。彼の思い出人々が相変わらずで、家族も熱心にパク·ヨンハの意志を守り続けているからだ。過去3年間の気苦労もたくさんしたが、上にされて頼ることができるファンがいて、彼らは前進していく。今、悲しみではなく、パク·ヨンハが残した希望の種をツイウル時のものである。"過去にはヨンハが自分たちに喜びも与えて勇気もくれたから、今自分たちが母にその愛をお返ししたい」としている。ファンレターの内容を見ても「彼が持っていない、痛みを伴うのが難しい」という内容ではなく、「有難かったし嬉しかった。いつも思い出して生きる。という方が多い」

|
|

« メルマガ | トップページ | 追放へ »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/58835568

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国記事:

« メルマガ | トップページ | 追放へ »