« 実刑… | トップページ | 韓国インタビュー動画 »

2013/11/19

韓国記事

고 박용하 매형 "소지섭 아직도 명절 챙겨 전화온다"
(故パク·ヨンハ姉の夫 "ソ·ジソプはまだ祝日取りまとめ電話来る")

故パク·ヨンハの遺族が故人の預金請求書偽造の疑いを受けている元マネージャー氏に下された刑の考えを明らかにした。 故人の姉の夫は19日、日刊スポーツとのインタビューで、 "遺族の立場では、8ヶ月という量刑が惜しいのは事実"と述べた。 李さんは去る15日ソウル中央地方法院開かれた結審公判で、裁判所から文書偽造·盗難などの疑いで懲役8月の実刑を宣告されて法廷拘束された。当時、裁判所は、 "李氏が日本での預金請求書を発行して200万円(約2100万ウォン)を探す過程について公判で示された内容が適切な根拠がない。当時、引き出した金額が1800万円(約1億9100万ウォン)相当の巨額であり、故人の会社の製品を同意なしに持って行った"と判示した。 氏は、パク·ヨンハが命を終えた後、去る2010年7月7日、日本の東京にあるの銀行で、自分が管理していたパク·ヨンハの印鑑を利用、預金約2億4000万円を引き出そうとした疑いを受けている。 同月14日、ソウル江南(カンナム)の所属事務所で時価720万ウォン相当のパク·ヨンハ写真集をはじめ、時価2645万ウォン相当のアルバムやカメラなどを持って出てきた疑いも受けている。李氏は判決を不服として、18日、裁判所に控訴状を提出した。

-さんが受けた懲役8月の刑に満足か。
"遺族の立場ではどうしても少なすぎる刑だ。法の枠組みの中で選考して見ると、実際の犯罪に比べては低刑に終わった。初めて遺族側から提起したいくつかの疑惑の中で、実際の法廷で扱われは一部に過ぎない。実際のグラブはもっと多いが、ヨンハ生前に行われた部分は、当事者がいないからどうすることができない。 "

-法廷で李さんが見られた"全く認められない"という反応ではどのように思うか。
"彼の立場では、少しでも罰をあまり受けるために当然の行為だったのだろう。
3年前にヨンハの死亡直後1〜2週間でそのようなことをした人です。
当時遺族と側近たちは彼の行為を知り尽くして警告したが、法廷まで引っ張って行きたくはなかった。
それさんがすぐに申し訳ないと謝罪したらここまで来なかっただろう。 "

-18日李さんが裁判所に控訴状を提出した。

"魅力は、最終的な判決が出て1週間以内でなければならないのですが、まだ控訴理由書を提出していないことを知っている。裁判所は理由書を見て控訴するかどうかを判断する必要がありますが、まだ進行がないのだ。理由書の内容が本当に言ってないと、控訴自体が棄却なることもある。その内容を見て適切に対応します。 "

-ソ·ジソプとはずっと連絡して過ごすか。

"祝日になると、安否を伝えています。夏にもSBSドラマ"主君の太陽"に入る前にヨンハ母と食事席を持ったりした。"


家族側からコメントが出ています。
「生前に行われた部分」
やはり、あるんですよね…

|
|

« 実刑… | トップページ | 韓国インタビュー動画 »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/58607042

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国記事:

« 実刑… | トップページ | 韓国インタビュー動画 »