« 帰国編 | トップページ | カフェ »

2012/09/15

帰国編 続

長いなあ…
備忘録代わりに…

空港にいると決めた理由。
前日ホテルにいる間に、大阪行きと名古屋行きが深夜に飛んだと聞いたこと。
どれだけの人が乗れたかわからないけど、機会を逃した気がした。
Standbyの受付開始が6:10だったこと。
ホテルが近くても、その時間に来るには無理がある。
ゆっくりできないホテル代をだすのもなんかねえ…

4階のレストラン、端の方はウェスティンがやっていて、サンドイッチもジュースも美味しかった。
なかほどの店で韓国料理の定食も食べた。
でも、夜は早くに閉まってしまう。
通路にあるベンチは充電しながら座っていられるので便利。
仁川空港豆知識…もういらんけど…

Dsc_0099_sp0000
深夜の仁川空港Aカウンター付近。

並んでいる机はツアーデスクで、朝はツアーに出掛ける人でいっぱいになるところ。
テーブルの下や上にはコンセントがあるので、充電しながらその上で寝る人がいました。
ええーっと見たときは思ったけど、充電しているのを置いたままにもできず。
スーツケースには鍵を掛け、バッグを枕にして。はい、私もやりました(^_^;)

ベンチはちょうど1人分ずつ寝られるような配置で、夜はベッドが並んでいるかのようにみんなが寝てました。
思いの外、人が歩くし、床掃除の車が通ったりで寝たり起きたり。
早朝4時くらいになると並ぶ人が出始めたので、列に移動。
交代でトイレに行ったり、飲食物を買いに行ったり、情報を交換したり。

日本行きとはいえ、トランジットの人もいる。欧米人もアジア人も口々に「日本の航空会社じゃ考えられない」「very bad situation」と仰る。
よく変更されるのに、「キャンセル待ちはA」と張り紙1枚されただけ。
聞いた話では、他の航空会社はこんなに混乱してないと。
カウンターが開いても、内部で混乱してるのがわかる。打ち合わせは開ける前にやってください(--#)

Standbyの登録が済み、この時間にここで言われてもみんなそこに残ります。もう信じてない。
時間前なのに、チケットを手に入れた人が出る。え?
日本語が得意な職員がいないので、英語が出来る人が先に立って交渉。すると、チケットが出る。は?
後ろにくっついていき、パスポートを出す。
すると、職員同士で3日目と言い合うのが聞こえて、チケットがでそう。でも安心はできないのでカウンターにへばりつく。
席は確保。でも名古屋から大阪に変えたから、チケットカウンターに行けと言う。差額があるかもって。
ないやろ、そんなのと思いながらも移動。もう時間がない。
9:05の大阪行きなのに、この時点で8:30。

時間がないとカウンターに言っても、並べって(T_T)
数人待ってパスポートを差し出すと、時間がないことにびっくりしたのか信じられないって顔つきで「OKと言われた?」
こっちは必死。「OK!」と主張。
チケットがでて、差額はないと言う。この時間を返せ~

チェックインカウンターを見たら長蛇の列。あかん。
案内にいた職員にチケットを見せて「時間がない!」
また名古屋行きうんぬん言われるけど、大阪に変えたと主張して横から手続きして貰う。
スーツケースを預けて入り口ににダッシュ。
後ろからその職員がスーツケース2個を運んでくる。

やりとりは、日本語と英語のちゃんぽん。なんとかなるものよ。

手荷物検査、イミグレ抜けて、25番付近で免税品の受け取り。
ここでも時間がないと主張したら、お姉さんが走ってくれました。
8番の搭乗口までダッシュしたら、大阪行きは最終案内中。呼んでます。
トイレに行く間もない。キャンセル待ちする人は行けるときに行っておかないと。
飛行機のドア付近まで行ったときに気づいた。
往路と同じ列のチケット持ってる。あれ?往路はビジネスだったよ。

3日目だし、とにかく乗せてしまおうとビジネスでチケットが出たらしい。
すぐ後ろに並んでいた白人女性もビジネス席に乗ってきました。
でも、もうその感激はないです。
お隣は行きの私たちのように、オーバーブッキングで変わった人たちで、楽しそうにわいわいしてましたが。
飛んだ瞬間まで緊張しました。もう降ろされたくない。
この日に乗れなければ、次の台風でまた足止めされるかもと不安で。

代わりの飛行機が決まっていれば、手配して貰えるのなら、少しは気分が楽になるけど、いつチケットが手に入るかわからない状態はきついです。

朝食時間で、たぶんエコノミーと同じ食事。
朝はほとんど食べてなかったのでコーンフレーク、牛乳、フルーツ完食しました。
行きで覚えたシート操作でシートを倒して、少しだけ休憩。ここまで長かった。

関空の荷物受け取り場で、仁川空港で交渉してくれた女性と会いました。
「よかったですねー。ありがとう。気をつけて」

28日付でとっていた新幹線の早得が紙切れになりました。
反対に名古屋に帰るお姉様が新幹線の切符を買いました。
ホテル1泊分は自前。
次に行く機会があったなら、航空機遅延の保険も掛けよう…

大好きだった飛行機と空港だけど、しばらくはいいや。考えただけでしんどくなるから。
大韓航空も避けたい。

韓国ならひとりで行けると思ってました。現地で待ち合わせようとかも。
でも、この事態がひとりだったらと思うとぞっとします。
体力はないけど、精神力はなんとか支え合えた2人でよかったなあと。

海外旅行保険と海外対応ケータイはあったほうがいい。うん。

|
|

« 帰国編 | トップページ | カフェ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/55663122

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国編 続:

« 帰国編 | トップページ | カフェ »