« モバイル | トップページ | YONADAY »

2011/12/08

ソウル6

風邪ひいてます。。。
私の声ってどんなでしたっけ。。。

ソウル旅行記、さっさと書いてしまわなくちゃ、年が明けてしまう(^_^;)

マイナス5度であっても、私たちがいたときは乾燥していたようで、霜もなく雪なんてそぶりもなく、晴れていました。
さすがに足下の水たまりは凍ってましたが。

さて、水原観光の続き。

Pb240092
Pb240094_sp0000
Pb240095_sp0000

華城行宮(ファソンヘングン)にて、武芸公演が始まっていました。
毎日午前11時からで、ツアーはそれに合わせてバスが行きます。
観客に突っ込むように剣を突き出してきたり、かなりの迫力です。
イケメンのお兄さんもいれば、女の子かもと思う人もいましたが、かなり体力がいりそう。
終わると一緒に写真撮影して貰えます。
並んでみたらかなり身長が高かったので驚きました。
午後2時からは守衛儀式があるそうです。(午後からのツアーだと間に合わないかも…)

ガイドさんと内部の見学に。
ここは日本植民地時代に役所として使われたそうです。
水原は世界文化遺産ですが、こことここは再建されたもの、そことここはその時代の物というふうに混在しています。

Pb240100_sp0000

小さな部屋が並ぶ場所には宦官が本を読んでいたり、女官が支度していたりする人形がありました。

Pb240101_sp0000
チャングムの撮影に使われた井戸。
撮影用に作られたもので、この井戸のまわりで洗い物をするシーンなど撮ったそうです。

米びつに入ってみたり、当時の宮中での遊びが体験できるところもあり、子ども達が遠足によく来るそうです。

東将台へ移動。

Pb240105_sp0000
華城列車。
水原は歩くと3時間かかるようで、このドラゴンの列車で移動することもできます。

Pb240107_sp0000
ここでは弓が体験できます。
5本で1000w。もちろんやってきました。
やり方を習い、しっかり弓を引いて、上方向に向けて放つとピューンと飛んでいきます。
あとは自分で矢を拾って終了(^^ゞ

Pb240109_sp0000
ひさしぶりにプンオパン。直訳でフナ焼き。
のぼりには“たいやき”と書かれていました(^^ゞ
2つで1000w。数年前にソウル市内で買ったときは4匹で1000w。値上がりしたのか、観光地価格なのか。
友だちが食べたことがないというし、ふたりで分けて食べました。
皮が好きです(*^_^*)

この後、KBSの撮影所に。
予定では、60年代、70年代を再現した町の撮影所を見学できるはずだったのですが、行ってみたら、朝ドラの撮影のはずが他の撮影が1日中あるとかで入れませんでした。
入り口付近には、食事の準備が始まっていて、椅子とテーブルが何組も並び、厨房になっているトラックが止まっていました。
そのまま30分もいたら俳優さんたちがたくさん出てきたかも。
ま、少し立って待っていただけでもすっかり冷えてしまったので、あの場所での食事は辛そうです。

ここから駅に戻るのですが、有名な水原カルビを食べなくては。
同じ考えの人がいて、ガイドさんに相談しています。
帰り道に近くを通るので降ろしてくれると。
いざ、その交差点にバスがとまると、全員降りてしまいました。はい、14人全員(笑)

教えてもらった通りにまっすぐ歩いていくご一行。
歩いて数分のはずが、10分は歩いたくらいにドーンとお店がありました。

カボジョンカルビ
右手に道路を挟んでビルふたっつ、左手にもひとっつ。でっかい店でした。
このあたり、店名にカボジョンとつけた店多数でした。カボジョン不動産とか(笑)

14人ということで1部屋用意してくれました。
日本語が上手な店員さんがいて、とても親切にしてくれました。
全員同じメニューで、会計は一緒でと言われたので、評判のカルビ定食20000wを注文。
韓牛カルビです。

Pb240111_sp0000
Pb240112_sp0000

水キムチ、サラダから始まって、どんどんおかずが増え、炭係のおじさんがテーブルに炭をセット。
クルクルと巻いた、漬け込んだ骨付きカルビが網に載せられます。
店員さんがはさみでチョキチョキ。
ご飯もテンジャンチゲもきて、テーブルはいっぱい。

お肉は甘めの味付けでとても柔らかくて美味しかったです。
おかずの中に、蟹発見!
大好きな外辛くて、中が甘い蟹、人一倍頂いてしまいましたm(__)m
サラダに生の栗や生のサツマイモも入っています。韓国の人は生でも食べるんですよねえ。

デザートの梨を頂いて、みなさんの話を聞いてみると、みんな同じセマウル号で水原入りしていました。
あの、列車内の日本語はこの人たちでした(^▽^ケケケ
朝、9時前のセマウル号から、駅に戻る午後2時くらいまでずっとご一緒だったわけです。

会計の後、団体扱いで、水原駅までマイクロバスで送って頂きました。ありがたや。

駅でみなさんと別れて、2階にある銀行で友だちが両替。
朝も替えたのですが、午後からの方が少しレートがよくなっていました。
「エクスチェンジ」と入り口で言うと、番号札をくれ、カウンターでパスポートを確認して両替してくれます。

今度はソウル行きのチケットを買うのですが、選んだ機械がいけなかったのか、現金が使えない。
窓口で「ソウルカジ ムグンファ」と言えば、簡単に2枚買えました。
今度は5000w。それも2人で。
つまり、2500w。日本円だと180円くらい?

Pb240113_sp0000

30分ほどでソウルまで着きます。
テーブルも足置きもないけど、ゆったり座れます。

乗り込む前にホームにあった自販機でカップのカフェラテを買いました。600w。42円?
カップに半分ほどでしたが(^_^;)、砂糖入り砂糖なしも選べて、思っていたより美味しかったです。

|
|

« モバイル | トップページ | YONADAY »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/53429317

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル6:

« モバイル | トップページ | YONADAY »