« スカパー!HD | トップページ | パソコン通信 »

2011/07/16

ムヨルさん

韓国サイトに、映画「作戦」でヨンハと共演したキム・ムヨルさんのインタビューが載っていました。

長いインタビューですが、その中にヨンハに関する話をしている部分があります。
記事の中ほどあたり。

# “고(故) 박용하 형, ‘광화문 연가’ 함께하자고 했는데…” パク・ヨンハ兄は「光化門恋歌」を一緒にやろうと言ったが…

キムムヨルと俳優故パク・ヨンハの関係は格別だった。 2人は2009年映画‘作戦’に共に出演したことを契機に兄弟と呼び合う間になった。 パク・ヨンハが生前設立した所属会社にキムムヨルを迎え入れる程深い愛情を見せた。 自ら命を終える二日前、キムムヨルが父親喪にあうとすぐに葬儀室に駆け付けてずっと夜を明かした長兄でもあった。

“本当に有難い兄で、同時に憎い人でしょう。 私だけでなく多くの後輩らのメントイジャリーダーでした。 今でも知人たちと会えば兄の話をたくさんします。 生きながら今後も多くの人々と会って別れるだろうが、私に兄は永遠の精神的なメントとして残っているでしょう。”

キムムヨルは故パク・ヨンハの家族次に一番最初に葬儀室を探した弔問客だった。 二日間お父さんとメントを一度に失った悲しみはついに嗚咽に出てきた。 彼は当時を回想して去る4月幕を下ろしたミュージカル‘光化門(クァンファムン)恋歌’出演とからまった胸裏話も伝えた。

“故パク・ヨンハ兄が私に共に出演しようと提案した作品でした。 いつか私を訪ねてきては‘本当になかなか良いミュージカルがあるのに君と必ずしたら良いだろう’で話しましたね。 こういう理由のために出演可否を置いて永らく悩むほかはありませんでした。 作品をする間にも度々兄考えが浮び上がって気に障る時が多かったんですよ。”


翻訳文の中に、メント(멘토)という言葉が出てきます。
最近の新造語で、、「経験と知識が豊かで、指導と助言をしながら実力と潜在力を開発してくれる人」を'멘토(mentor)と言うそうです。
元々の語源はギリシャ神話の「オデッセイ」の登場人物の名に由来するとか。
ムヨルさんは、ヨンハを良き先輩であったと話してくれたんですね。
別のインタビューで、ヨンハを「信じてついていこうと思った」とも言ってくれてました。

Mnetワイドで司会者が、後輩のお父さんの葬儀に一晩中いる大スターを初めて見たと言ってたのを思い出します。

参考までに、スペンサー・ジョンソン著「1分間ティーチャー」という本があります。
この韓国語版の題がメント(멘토)です。

|
|

« スカパー!HD | トップページ | パソコン通信 »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/52224631

この記事へのトラックバック一覧です: ムヨルさん:

« スカパー!HD | トップページ | パソコン通信 »