« ギャラリー | トップページ | 浜松へ »

2011/05/03

「夜になれば」記事

김원준 "故 박용하 덕분에 가수 재기, 고마워" 애틋고백(キム・ウォンジュン"故パク・ヨンハのおかげで歌手再起、ありがとう"エトゥッコベクTVリポート)

[TVリポート ソ・ウンヘ記者]歌手キム・ウォンジュンが故パク・ヨンハのおかげで歌手活動を再起できた理由を告白した。


2日放送されたSBS TV ‘夜は夜ごとに’ではキム・ウォンジュン、ペ・ギソン、チョ・ミンギ、ケイウィル、ジヌン(2AM)等がゲストで出演して派手な話し方を誇示した。


この日キム・ウォンジュンは“8年間の空白のために大変な時期があった。 彷徨と悩みが多かったが私に‘放送にたくさん出たら良いよ’と言った弟がいた”と暗示した。


引き続きキム・ウォンジュンは“そうするうちに突然に‘不朽の名曲’交渉が入ってきた。 初めには自尊心のために断ったがその弟が出演を積極的に薦めた”と付け加えて驚きを抱かれた。


彼は“私が傾いているように出て行ってもその弟は‘兄は歌う時が一番素晴らしくて。 その姿を見たくて’というメールを送ったしすぐに出演を決心することになった”と過去を思い出させた。


だが、当時放送は1~2週間話題を産んだしおかげでキム・ウォンジュンは放送交渉を受けることができた。 それだけでなく彼は放送に対する自信を得てミュージカル製作者にラブコールまで受けた。


彼は“有り難みをそこまで伝えられずにいたが2008年12月31日内最後の公演を見るために日本からきた。 拍手して私を待っていたよ”と話して目がしらを赤らめた。


最後に彼は“もう再び見られない弟だが、いつも力になっていつも思い出す”として故人に対する感謝の気持ちを表わして切ない感動をプレゼントした。

가수 활동 재기 한 김원준, "故 박용하 덕분에…" 고백(歌手活動の回復したキムウォンジュン、"故パクヨンハのおかげで..."告白)

김원준, 故박용하 추억 "내 재기 도와준 동생" 뭉클(キムウォンジュン、故パクヨンハの思い出"自分の回復を手助けしたの妹"ジーン)

歌手キムウォンジュンが、故パクヨンハとにまつわる感動的な事情を告白した。

キムウォンジュンは、2日に放送されたSBS『夜になれば25回』"韓流スターだったが、今では見ることのできない一人の芸能人の後輩のおかげで回復することができた"と明らかに故パクヨンハとの友情を遠まわしに説明した。

彼は過去の空白期8年の間、芸能活動を続けるかどうかを真剣に心配している事実とともに、"その後輩が放送活動をたくさんやってみろと勧めたが私はむしろ怒った"と打ち明けた。

続いて、"当時の人気バラエティ番組だった『不朽の名曲』'渉外が入ってきたが断った。つまらないプライドだったようだ"とし、"全く同じように、その後輩から『歌う時が一番カッコいい』は、文字メッセージを受けて出演を決めることになった"と付け加えた。

彼の言葉によれば、『不朽の名曲』に出演以来、予想以上の反応を得て、これにより、音楽制作者の目にとまり、ミュージカル俳優の活動を開始した。 特に、最初の作品だった『ラジオスター』の最終回、会場には、故パクヨンハも出席した。

キムウォンジュンは、"日本にいた後輩が公演を見るために帰国したが、私は知らなかった。公演を終えて舞台下に降りてみると、その後輩が拍手を打っていた"と思い出して目頭を赤くしたりした。

また、その後輩の名前を教えているのかというMCタクジェフンのお願いには、"再見られないの友達なので、知られたくない"とし、"いつでも力になりたいといつも考えていた私の弟"と丁寧に答えた。

2008年12月。
映画「作戦」の撮影がまだ残っていて、日本でのツアー中。
11月の後半に来日してリハーサル、12/3横浜でコンサートをして韓国に帰り、映画の撮影を終える。
クリスマスの前に来日して武道館2日間。
年末年始は体調を崩して病院に運ばれたり、大変だったはず。
年末のその日はSBSの演技大賞で受賞した日。
年が明けてからは大阪で最終日公演。

|
|

« ギャラリー | トップページ | 浜松へ »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

九月さん

いつも、楽しみに訪ねております
昨日の「ギャラリー」の内容も知りたい事
そして、今日の「「夜になれば」記事」も何回も読み返し
自然とうるうる・・流れております

来週の土曜日、・・・うるうる来たらどうしようと心配しています

ヨンハさんのフイルムコンサートお昼の部に
友人が行きたいと言っていますので、
お昼に行くつもりですが
夜はどうしようと、考え中です

いつも、つぶやきを楽しみにしています

投稿: おくの | 2011/05/03 11:34

おくのさん
たくさんの人の心の中にあたたかいものを残していったのですよね。ほんとに、もう。

フィルコンはまだ決めてません。
翌週の東京行きもあるし、まだまだ悩み中です。

来週、よろしくお願いします~

投稿: 九月 | 2011/05/03 15:46

九月さんこんばんは!連休も後半でダルダルの毎日です。
家族がいるのでヨンハ三昧と言う訳にもいかず…
本当にヨンハくんが居なくなっても彼の人柄がにじみ出ているエピソードを目にしたり、ヨンモバでもファンに接する様子を読んでいるとまたまた泣けて来ます!
なんでヨンハァ…とまた気持ちが戻ってしまいます。
フィルコン大阪追加、私も東京が接近しているので思案中ですが、やっぱり行きたいな!!

投稿: わか♪ | 2011/05/03 22:13

わか♪さん
私も後半の連休です。
ダンナも連休、娘はずっと仕事。
うーん、マイペースとはいきませんねえ。

こうしてヨンハの話がぽろっと出てくると、少しだけ嬉しいけど、寂しくて。
いずれ、何もでてこない日々も来るのでしょうね…

フィルコンは追加と聞いたときは行きたいと思っていたけど、今は、そうかな?行きたいかな?フィルムなのに?東京があるやん?なんてね。
締め切りまで、もう少し考えてみます。

投稿: 九月 | 2011/05/03 22:22

九月さん、GWはいかがお過ごしですか?私はヨンハのものを少し整理整頓しようと、買っても届いてもあちこちで、これが最後かもと求めても、結局手中納めて満足、CD.DVD以外はほとんど片づけっぱなしで。使用もんは使用してポスターも一枚位は貼ろうかと。九月さんはフィルコン参加ですか?法要ツアーもですか?私はどちらも無理、自宅フィルコンしてます。法要700人参加、この人数にビックリして同時に嬉しさも、ヨンハファンの底力を思い知らされます。おそらく後にも先にも例のない韓流スターで今でもスターまっしぐらですよね。他の方のブログ拝見で、あの自宅マンション、賃貸だったようで、お母様が買い取るようですが、真実なら、九月さんのいうようなファンの追慕の場所にしてほしいですけど、まあそんなん無理でしょうね。            
災害現場から位牌を見つけ抱きしめる姿をニュースで見ててつくづく死者が生者を支えるものだと。あれからもうすぐ一年ですね。

投稿: 椿 | 2011/05/05 19:35

椿さん
GWは実家巡りしたのと、昨日遠出をしました。
明日明後日は仕事です。
ポスターは家族に文句言われるので貼ったことがないです。今年初めて卓上カレンダーを置いたらダンナが月が変わるとめくってくれててビックリ(^_^;)
フィルコンは東京の振替分に行くので、申し込みはまだ悩み中。法要は仕事であるので不参加です。
あんなに集まるなんて驚きました。初めの募集人数くらいだろうと思ってたので。すごいですよね。

マンションのことは話半分で読んでます。
あの直後には一括払いの賃貸で、家主が差し押さえを受けていてなんて記事が出てたんですよ。
今度は家主がいらないから売ろうとしてるなんてメチャクチャ。
お母さんの本ではこんな話ではなかったですよね。

セキュリティーの厳しいマンション内に追慕の場所は無理だと思うし、別のところがいいと思ってます。
そんないろいろなことがご家族の負担ではなく、生き甲斐となっていればいいのにと思います。

投稿: 九月 | 2011/05/05 22:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/51565164

この記事へのトラックバック一覧です: 「夜になれば」記事:

« ギャラリー | トップページ | 浜松へ »