« ソウルお店編 | トップページ | 元町 »

2010/11/02

SFJ

SFJからの封筒、我が家にも届きました。

ずっと続けてくれると思っていました。
形が変わることは漠然と予想はしていたけれど、現実に文字としてでてくると、きますね、しまっておけるならと押し込んだ心の底にきます。
先月更新したばかりなのに。

会員特典の項目を修正するのは想像しました。
もうあるはずのないコンサート。。。。。
仕方がないけれど、寂しい。。。。。
SFJという場だけは残して貰えることは有り難いです。

ヨンハには前事務所から独立後、公式なページが韓国にはない。
カフェは公式ページというには無理があるもの。

SFJがずっとずっと残りますように。

今日発売の女性週刊誌2誌を見てきました。
お父さんとヨンハ、どちらもがお互いにすまないと言うなんて、悲しすぎる。
運命と言うにはあまりにも。。。。。

|
|

« ソウルお店編 | トップページ | 元町 »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/49917663

この記事へのトラックバック一覧です: SFJ:

« ソウルお店編 | トップページ | 元町 »