« 監督 | トップページ | ヨンダリ »

2010/08/08

8.12

100807_230311

今朝の新聞広告。
「8.12 パクヨンハDAY」

誕生日は8/12。
愛知でのコンサートが8/14、15の予定で、8/14には誕生日特別バージョンになるとラジオで話していました。
幻になってしまったけど。。。

あの会場は1stコンサートツアーのラストがあったところ。
ステージから客席に飛び込んで、SPに‘荷物のように’抱き上げられてステージに戻されてましたっけ。
涙をぽろぽろ流しながらスタッフ、ファンへのお礼を言い、人差し指を唇に当てて、客席をじっと見つめていた場所。
ヨンハのお母さんも1階席に来ていました。
私は2階席1列目ほぼ真ん中で、立たないように言われながらも中腰になったり、でも最後は立って見ていました。

2008年、SFJでのイベントもこの会場。
イベントのあとの握手で、突然舞い上がってしまって用意していた言葉を言えなくなって、ただ「ありがとうございます」とヨンハと言い合ってしまいましたっけ。
握手したときの印象を思い出すとき、いつもこのときの、じっとのぞき込むようにして待ってくれた顔を思い出します。

ここでも献花式があります。
たぶん行けないと思います。

今日は札幌で献花式がありました。
参加していた友だちがいました。
雨が降ったりやんだりしていて、最後の10分ほどはすごい雨と雷だったそうです。
最後にいつもの「ONE LOVE~笑顔であふれるように~」をみんなで歌って終わり。

札幌、やはり2008年のSFJイベントで行きました。
会場は今日とは違ってZEPPでしたが、土砂降りで。
会員証の確認をしている間に私の前の人が数メートル先でもう握手してましたっけ。

この日、あとで知ったけれど、ヨンハはホテルでビッグマック食べてて、私は友だちたくさんと居酒屋でラーサラとか豚のやきとりとかホッケとか食べてたんですよね。
マクドナルドとスターバックスがあればいいとヨンハが言ったのは最近のヨンダリでしたっけ。

|
|

« 監督 | トップページ | ヨンダリ »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

スタバとマックがあればって
ヨンパリで言ってたような・・・

あれは無人島に行くならばって話だったかなぁ~
記憶曖昧デス^^;

投稿: りんりん | 2010/08/09 03:09

りんりんさん
パリでスタバ見つけて、おーっ!って喜んでたのはヨンパリでしたね。
スタバとマックがあれば、、、それも同じときでしたっけ?
ヨンパリだったかも。
あー、みんな混ざってきました。

投稿: 九月 | 2010/08/09 07:50

九月さん、初めまして。何から話し、どう言葉にしてよいかもわからずにひと月が過ぎ‥
冬ソナから始まった私の韓国ドラマ・文化・ハングルへの興味。パクさん出演のドラマもほぼ見てますし、歌手活動初期の頃のテレビ出演も記憶に残ってて‥特別ある俳優さんのファンという訳ではない私にとって、知らない内に身近な存在になっていたようです。
何かせずにはいられず、自分なりの祈りを捧げ。
愛らしい人柄に声が好きでただ触れていたくて、動画サイトを見ては涙。それから、アルバムSTARSに始まりCD・ライブDVD・雑誌・作戦も観に行きました。彼のことを知れば知るほど胸が苦しくなってきます。彼の話す言葉・歌詞が突き刺さり涙がこぼれ‥こんなことになって彼の才能に気づくなんて。。
泣くのは苦手で普段、我慢してしまうのにどうしてこんなに溢れてくるのかわからないほど‥それほど彼は大きな愛を注いでくれていたんですよね。
九月さん、これからも彼のこと教えて下さいね。(客席へ飛び込んじゃったシーン、とっても好きです。行くからOK!?のサインがわからなかったからホントにびっくりでした。)

投稿: ハナ | 2010/08/09 14:06

ハナさん
はじめまして。
たーくさんの作品を残していってくれました。
今は辛いけれど、こんなにある宝物、ぜひ楽しんでください。
髪型、衣装、その時々でまったく違う顔を見せてくれるこんな素敵な人、もういないかも。
ふいに消えていってしまったので、涙がなかなかとめられない。
でも、泣くときは泣いたほうがいいと思ってます。我慢はよくない。

飛び込んだシーン、私は上から見ていたけれど、サインがわかっても、え?え?まさか?うそ~?!!でした。
駆け回るのも見たかったなあ~

投稿: 九月 | 2010/08/09 17:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/49089904

この記事へのトラックバック一覧です: 8.12:

« 監督 | トップページ | ヨンダリ »