« 脱出 | トップページ | 16回目 »

2009/10/12

「水底の森」

「水底の森」
柴田よしきさんの作品。

下町のアパートの一室で、顔を潰された身元不明の死体が発見された。その部屋に住んでいた若い夫婦は行方不明。現場にはエンドレステープに録音されたシャンソンが流れ続けていた。誰が、何のために?歌に込められた犯人のメッセージは何か?やがて第二の殺人が―。所轄刑事の遠野は行方をくらましたその女・風子を追い始める。ノンストップサスペンスの幕があがる。

ほんと、ノンストップサスペンスでした。
いやあ、面白い。
どうなるの?どうなるの?の連続で、寝る間を惜しんで読んでしまった。
今日は午後からジムに行くつもりだったのに、もう少し、もう少しと思いながら読み、午後5時になって読み終えました。ふう。

登場人物がどんどん増え、それもあちこちで繋がってくる。
現在と過去、未来。舞台もあちこちに飛ぶので、頭がごちゃごちゃになりそうでした。

最後は、予想外の終わり方で、評価の分かれるところかなあとも思いますが、私はちょっと不満かな。
それ以外にどう終わる?と問われるとこれでいいのかもとも思ってしまうけれど。

柴田よしきさんの作品は、「Macと京都と妖怪がでてくるよ」と友達に勧められたのが縁で、「炎都」「遙都」「禍都」「宙都」のシリーズを読んだのがきっかけ。
一気に読んでしまう楽しさがあって、好きです。

あー、また次の本を探さなくては。
VISAのポイントをTSUTAYAに移動させたのもそろそろ底をつきます。少々のポイントでも5倍になるので、なかなかオイシイ(*^_^*)
図書館に借りに行くほうがいいのかもだけど、TSUTAYAが近すぎる(笑)
本代はついつぎ込んでしまうので、Amazonは危険危険。。。

|
|

« 脱出 | トップページ | 16回目 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/46468715

この記事へのトラックバック一覧です: 「水底の森」:

« 脱出 | トップページ | 16回目 »