« 写真 | トップページ | メインポスター »

2009/03/25

台北 その6

九イ分
P3150471

発音はうーんと、ジュウフンかなあ?
昔、9軒の家があって、なんでも9つに分けていたのが地名の語源らしいです。
金鉱の街として一時栄え、その後映画のロケ地、千と千尋の神隠しの舞台として知られるようになりました。
バスを乗り換えたあたりからは、山肌に立つ建物が千と千尋の神隠しで見た建物っぽかったです。あとで写真を撮ろうと思ったのに、機会がなく(T_T)

家々が山肌に張り付くように立っている街です。
台北から30キロ。北側が海。降りたったバス停は北にあり、そこからまっすぐ階段の道が続いています。
ガイドさんは、今年何度も来ていますが、こんな晴れたのは初めてですって。
台北市内より雨がかなり多いところらしく、前日には絶対に傘を持っていくように言われてました。
でも行ってみたらピーカン。暑いぐらい。
やっぱり私の行いがいいに違いない(笑)

バスを降りてまっすぐには行かず、いったん右にまわり、階段の町並みに戻ったところが映画「悲情城市」に使われたお茶屋。
そこからまた少し上ったところ左手にあるのが「阿妹茶楼」
P3150472

仮面がふたつかかっています。
店の中にはこういう仮面がいくつも飾ってあって、右手の建物の中に千と千尋の神隠しに出てきた「顔なし」のモデルになった仮面が掛かっています。もちろん宮崎駿監督はここでお茶を飲んだそうです。

人混みの中を階段を上がっていくと人の流れが止まりました。
降りてきた人がお店の列だと教えてくれたのですが、気になって並んでみた私。
案の定、人気の店「阿柑姨芋圓」の列でした。
進みは早くて、数分かからずに私の番。「冷たいのをひとつ」と言うと、「冷たいの?」とカップに砕いた氷を入れて、そこにタロイモとサツマイモと緑豆の三色のお餅と小豆を入れてくれます。40元。
P3150475

間口の小さな店ですが、もらったところからそのまま店の奥に進み、餅を切っているおばさんたちの後ろを通り過ぎると広い場所があって、奥の席なら景色を眺めながら頂くことができます。
一応、店の入り口に漢字で案内はあります。
家族3人でひとつでもすごいボリュームでした。
あたたかいのと言うと、常温のお汁粉に餅3種類となるようです。
P3150477

P3150478

この店のすぐ上に小学校があってそこで階段は終わり。
来た道を戻り交差していた通りを西へ。

P3150479

この通りの右手に「九分茶坊」があります。ガイドさんが言うにはここでお茶を買うならさっきの「阿妹茶楼」かここ。
この店のオーナーの奥さんは日本人だそうです。

P3150484

右端のしぼり機が面白いです。今は果物は季節外れ。旬なのはこのオレンジらしいです。甘くて美味しい。
左手に見えているのはいろいろな焼き物や煮物。鶏(あひるかも?)の足がありました。
海の見えるところまで行って、また戻り、今度は交差から東へ。階段からだと上がってきて左。

P3150485
P3150486

人混みの中で歩きながら撮ったのでぼやけてます。。。
「賴阿婆芋圓」
ここ、オンエアのロケ地です。
スンアが芋圓を食べ、横でギョンミンが臭豆腐を食べた店。
実際は臭豆腐は反対側の店で売られてます。同じ店でスイーツとあの強烈な臭いのものと一緒に売るなんてありえない~

元の階段の通りに戻り下を見るとこんな感じ。
P3150488

日曜日の午後4時過ぎです。
人でいっぱいですが、大きな犬が悠々と歩いていたりします。
台湾では犬はまるでお犬さまのように悠々としてます。動物保護で大事にされているらしいです。

ツアーのつらいところで、集合時間になりバス停に移動。
その途中で見たお店。
P3150493

オンエアの写真発見!
行きは違う道から行ったのか、気づきませんでした。
スンアが石の猫を買った店「享利屋美術工芸室」。ここでギョンミンと会ったわけだ。
時間がなくて中は見られず。石頭猫欲しかったのに。。。高くて買えないか(^^ゞ

ここで会って、一緒に観光したとして、見つかったから階段を上がって逃げる。
現地で考えると逃げ切るのは無理です(^_^;)
そうメインの階段の通りはそんなに長くないです。
横の道にそれたら、逃げ切れなくはないかなあ。
狭いし、階段はきついし、駆け上がるなんてとんでもない!が感想ですね(笑)

|
|

« 写真 | トップページ | メインポスター »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/44466618

この記事へのトラックバック一覧です: 台北 その6:

« 写真 | トップページ | メインポスター »