« 札幌続き | トップページ | ふふ~ »

2008/08/21

字幕付きはいい

今週末からMnetで「コーヒープリンス一号店」の放送が始まります。
このドラマは見たのですけど、ノーカットは初めてなので楽しみにしてました。
そこへ今朝方入ったニュース。
朝、朝鮮日報を覗いてみてびっくりしました。主人公をそっと助ける優しい役をしていたイ・オンさんが事故で亡くなったとか。
元モデルで背が高くて、優しい笑顔で、味のある俳優さんでした。まだ27歳。惜しい。

来月半ばからはアジアドラマティックTVで「ロビイスト」。
見ようかと思っていたのですけど、どうもストーリーがべたすぎるような~(^_^;)
このチャンネルでは「外科医ボン・ダルヒ」がとても良かったので期待したのですけど、ちょっと違うかしらん?
「外科医ボン・ダルヒ」は「ニューハート」と設定が似ていて、被る内容も多いのですが、ドラマ的にテンポの良さや華やかさがあるのが「ニューハート」で、堅実な面白さは「外科医ボン・ダルヒ」かなあ。
「外科医ボン・ダルヒ」でのイ・ボムスさんはいつも固い顔をしていて、「オンエア」とは雰囲気が違います。
堅物なのに最後はそれがボン・ダルヒによって崩されて優しさがでてくるのも面白いです。

「オンエア」の中で、キム・ミンジョンがカメオ出演していた場面、「外科医ボン・ダルヒ」でのボムスさんの役が話題に出ます。キム・ミンジョンがそのアン先生を誉めたので「もっと高い物を頼めよ」なんてイ・ボムスさんのセリフがでてきて笑えました~

今日はMnetで「オンエア」第8話です。
ネットで字幕なしで見たけれど、字幕がつくとこんなに違うものかと感じてます。
だいたいのストーリーだけを追っていたのとは違う。かなり内容の濃いドラマでした。

以下少々ネタバレあり。


ヨンハファン注目のギョンミン監督に限って言っても、新米監督への風当たりのきついこと、きついこと。
まずは作家、台湾で「新人監督と組むなんて」と軽くあしらわれていました。
次は女優「新人監督より、嫌いでも売れっ子作家の方がいい」とはっきり宣言される。
たしか初めはマネージャーが売り込みをかけてきたはずだったのに、出てくれと言いに行っても台本すら受け取ってもらえない。
事ある毎に、新人監督はそんなこともできないのか、決められないのかと言われてます。
字幕なしだとこの細かいセリフまでは気づきませんでした。

スンアの映画契約の話は、どうやって解決したのかがさっぱりわからなかったけれど、字幕で見ると、少しはわかったような(^_^;)
いえ、この話はわかりにくい。。。
結局サンウがスンアを取り戻したくて、いやスンアに逃げられた腹いせに策を巡らせていたのを、チェリーに主役を譲ることですべてチャラ?
あれ?そういうことで終わるわけ?うーん、わかったようなわからないような(^_^;)

劇中劇の撮影まではまだゴタゴタが続くわけですが、細かい部分も見逃さずに見ていったら、思っていたよりもずっと面白く見られそうです。

|
|

« 札幌続き | トップページ | ふふ~ »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

「韓国ドラマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/42233196

この記事へのトラックバック一覧です: 字幕付きはいい:

« 札幌続き | トップページ | ふふ~ »