« 父のMacちゃん | トップページ | チェジュ外伝 »

2007/03/12

チェジュ3日目-3

海鮮料理店「ソラウィソン」。
駐車場からはこんな感じ。
P2130171_1

そのまま入っていくと右手のテラス席はこんな感じ。
P21301761

このテラス席、ヨンハファンの皆さまならきっと見覚えが(#^.^#)。
ドラマ「Loving You」で、タレの誕生日にデートした場所。
ガイドブックで写真を見つけて、行きたかったところです。

駐車場側には南国風の木がありましたが、この角度で見ると松が生えてます(^_^;)
案外狭いテラスで、左右は松林や崖。ドラマって、うまく撮ってありますねえ。
テラスと店の間を通り抜けるとこんな風景。
P2130173

小さな入り江になっています。
この写真で左手に、歩いて回り込むように細い道があるのですが、その先のパラダイスホテルに繋がっているそうです。

この日は西帰浦市内で食事や買い物をと思っていたので、この店に来たのは予定外でした。
運転手さんの「市内?チェミオプソヨ」で、予定変更となり、運転手さんの機転でここにたどり着きました。
諦めていた私は、来られたのが嬉しくて、ブロークンどころか、たぶんハチャメチャな韓国語で、運転手さんに「パク・ヨンハさんのファンです。Loving Youのロケ地のこの店に来られてとても嬉しい」と言ったところ、「パラダイスホテルからこの道を通ってここにきて撮影した」と教えてくれました。
たぶんね、そう言ってたと思うの。私の聞き取りでは(^_^;)
それ以上つっこんで質問したくてもできない私の韓国語力が悲しいわあ~。

ここに着いたときには、食事の予定ではなかったので、運転手さんもエンジンをかけたまま写真を撮ったりしている私たちを待っていました。
営業中のレストランでそんなことしていていいの?と思わなくもないけれど。。。(^^ゞ
結局は、運転手さんもここの海鮮鍋は美味しいと言うし、時間もいい具合だったのでここで食べることに。
運転手さんにそう伝えるとニコニコして「カセヨー」(行ってらっしゃい)。

旅行前にネットで情報集めをしていたとき、タクシーをチャーターして観光するとき、時によっては、運転手さんは一緒に食事するというのがありました。
気の合う、気のいい方ならいいけれども、勝手に店を決めて勝手に注文してしまう人もいると聞いたので、タクシーで回るのはどうかなと考えて、レンタカーの可能性も考えて国際免許まで用意していったのですが、幸いそんなことには遭遇しませんでした。
1日目と3日目は同じタクシーだし、2日目はロッテ観光の斡旋なので、たった2台ですけど(^_^;)

私たちが利用したタクシーが模範だったのか一般だったのか不明ですが、ソウルと違ってどちらでも料金は変わらないそうです。室内の天井が黒で、もこもことした深いキルティング状だったのが印象的でした。
ソウルで乗った一般タクシーよりはずーーっと室内がきれい。荷物やコートを入れてくれたトランクもきれいにしてありました。

テラスと店の間を通り、反対側に出ると2階に上がる階段があります。
1階は普段調理場のみになっている様子で、食事は2階。
内部はログハウス風で明るく、海が見える窓際に座りました。
P2130174
P2130175

おかず6品と海鮮鍋2人前。
海鮮鍋には、えび、大アサリ、あさり、さざえ、蟹、いかなど盛りだくさん。みそ味。

夢中で蟹を頬張っていたら、左手の親指、爪との間に蟹がささったらしく流血(笑)
1ヶ月経った今でもなんとなく痛いです。。。

済州名物と聞いていて、市場でもたくさん見た赤アマダイの開きとご飯も注文。美味しかったです。
ここは現金で支払ったのですが、安かったことしか覚えてない。。。
たぶん4人で60,000wくらいだと思います。たぶん。。。
メニューに日本語がありました。

|
|

« 父のMacちゃん | トップページ | チェジュ外伝 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/14237945

この記事へのトラックバック一覧です: チェジュ3日目-3:

« 父のMacちゃん | トップページ | チェジュ外伝 »