« チェジュ2日目-5 | トップページ | ウィークリー »

2007/03/02

チェジュ2日目-6

夕日が沈むのを見送って、ホテルに戻ってきました。
運転手さんとはここでお別れ。約束通りの50,000wをお支払いしたあと、運転手さんはホテル内のガイドさんに挨拶に行かれました。

ホテル着が18:30頃。
済州在住の方が美味しいと紹介されていたお店「グリーンジョン」に黒豚を食べに行くことにしました。
ホテルからコンベンションセンターを越えて少し行ったところにあります。車で5分くらいかな。
お店の方は日本語はできないけれど、送迎をして頂けると聞いていたので、電話番号を書いたメモを見せて、ホテルのコンシェルジェに頼んで電話してもらいました。
約束の7時に車寄せに行くとすでに車は待っていてくれました。

私たちはまだ来ていないと思ってしゃべっていたら、先ほどのコンシェルジェの方が気づいて、ベルの女性に「グリーンジョン」と取り次いでくれました。
ロッテホテルの入り口には常に日本語のできる親切なベルの方がいます。

P2120151

メニューには日本語があります。
黒豚600gで30,000w。4人で600gでいいですか?と店の人が聞いてくれました。たぶん(^_^;)
写真の分は4枚で400gかな。あと2枚あります。両面ほどよく焼けるとハサミでちょきちょき。
サンチュ、ゴマの葉、カブでタマネギと味噌を付けてくるみ、塩だれで頂きました。
韓国での焼肉は店の人が全部やってくれますが、どんどん焼けていくので焦ります(^_^;)

皮の部分に黒い毛が見えるでしょうか?それが黒豚のしるし。なかなか濃い味で美味しい(*^_^*)
娘は独特の風味が美味しいけれどちょっと苦手だと言ってましたが。

P2120152

例に漏れず、おかずがたんまり。写っているだけがすべてじゃありません。
辛いキムチもあるけれど、野菜の炊いたもの、和え物などなど。
このおかずの中に、ワタリガニのケジャンがありました。まわりは赤くて辛いけれど、中身は透明で甘~い♪
手を真っ赤にして食べちゃった。美味しかった~。でもまわりは辛かった~(^_^;)
おかわりも持ってきてくれました♪
焼いている鉄板は、ご飯を炊く釜のフタです。

店の若い女性がいろいろ気遣って聞いてくれます、韓国語で(^_^;)。
でも、なんとかなるもんですわ~。

黒豚を一通り食べ終わったところで、メニューで気になっていた太刀魚の煮付けを注文。
魚の注文は一匹単位なので、大きさを聞いてきます。小さいサイズを注文。
鉄板を片づけたあとに、太刀魚の鍋がきます。
大根や人参など野菜もたくさん。太刀魚は4切れあって、ぴったんこ。
見た目はやはり赤いのですが、辛さより甘さが勝つ感じ。美味しい~。
煮込んであった鍋に太刀魚をあっさり煮付けたという風で、身は白いです。
ご飯をもらって食べるとお腹は満腹。それでもケジャンに手が出る九月さん。
唇が痛くなりましたとさ(笑)

4人分で72,000w。
地元の人がよく行く店だと聞いていましたがなるほど。価格は手ごろで美味しい。
斜め横のテーブルではおじさんのグループがほんのり赤く、饒舌になっていました。
店の雰囲気は明るくて、とてもよかったです。
壁には落書きがどっさりあったのですが、中国語はあっても日本語はなさそうだったので、書いてきました(#^.^#)
京都、とあれば私かも~。
精算を終えると送迎のワゴン車はスタンバイしてくれてるし、厨房の人まで愛想良く見送ってくれました。

済州のお店では、「割り箸を持ってきましょうか」とよく聞かれました。
日本人は韓国の金属のお箸ではなくて、使い捨ての割り箸を好むと思われているようです。
私たちは金属のお箸に違和感がなかったので、割り箸は貰いませんでしたが。

店を出たのが8時過ぎ。
この日はこれまでにして部屋に引き上げました。
ダンナはまたカジノに。日本円で2万ほどすったらしい(--;)
私は部屋でブログの記事書いて、荷物を整理して、テレビでアニメ見て、のーんびりお風呂に入り、早々に寝ました。

おお、やっと2日目が終わった~~。

|
|

« チェジュ2日目-5 | トップページ | ウィークリー »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/14107225

この記事へのトラックバック一覧です: チェジュ2日目-6:

« チェジュ2日目-5 | トップページ | ウィークリー »