« チェジュ番外編-3 | トップページ | チェジュ番外編-4 »

2007/02/23

チェジュ2日目-3

車に乗り込み、山房山をあとにして、またまたロッテホテルの近くに戻っていきます。
次にいったのは、大侑(テユ)狩猟場、テユランド。
キジ撃ちのできる狩猟場。ドラマ「オールイン」「朱蒙」のロケ地でもあります。

P2120119

P2120120

ここで昼食。キジのしゃぶしゃぶ。
キジ肉でとったらしい濃いめのスープを沸騰させ、野菜をどっさりいれます。また沸騰したところで、キジ肉を入れ、野菜と一緒に食べます。4人で大皿2枚分。たぶん1枚はももで、1枚はささみ。
タレは薄目のポン酢に似たもの。さっぱりして美味しいです。
そうめんのような細い麺を入れて食べたあと、ご飯と卵で雑炊を作ります。
店の人が全部してくれるのが基本らしいのですが、なかなか来てくれない時もありました。
折角卵がふわっと固まってきたところで、混ぜ混ぜされたのは悲しかった(--;)

この店に入ったとき、入り口で「今年のカレンダーいかがですか?」と声をかけられました。ちらと見ると、ヨンハさん♪
ロッテホテルにも少々あったグッズ。その中にもヨンハさんのがありました。
ロケ地を除くと、ヨンハさんを見かけたのはこの2ヶ所。本音、あってほっとした。。。(^_^;)

昼食のあと、ダンナが楽しみにしていた射撃に。
こんな機会もないからと娘も含めて4人とも体験してみました。
女性には38口径がいいでしょうということで、女性3人は38口径12発を体験。35,000w。
気がつくと、ダンナは45口径と機関銃を体験しておりました。こっちは105,000w。
1人に1人ずつ指導員が付き、台の上にピストルを置いた状態で、こう持って、ここを覗いて真ん中と端を標的に合わせてと流れるような指導のあと、はい撃って。
へ?と思いながら適当に標的に合わせ、とりあえず撃つ。
少し上過ぎなんて指導があって、標的を覗き直して撃つ。ああ、こうなのねとやっとわかる(^_^;)
6発ずつを2回。あっというまに終わってしまいました。
その間、1人でピストルを持つわけではなくて、指導員の人がずっと押さえていました。
初めてだと撃った瞬間の衝撃にびっくりするので、その方がいいのかもしれませんが、ちょっと残念。

なかなかの結果でしたよ。
レジャーだと思って、あの場所で撃つのは面白かったけれど、あの撃った衝撃と弾痕の開いた標的を見ると、やはり怖さも感じます。

ここの土産物コーナーで、だいちさんが黒五味子(オミジャ)茶を見つけていました。
ここからはホテルに戻るので、それを買いに行きたいとガイドさんに言うと、それなら城邑民俗村(ソヌプミンソクマウル)に行って買う方がいいですとのお話。
この半日観光のあとは、済州東南部にある済州民俗村に行く予定にしていたので、そこに行く前に寄るといいと。

半日観光が一旦終わりなので、ロッテホテルに戻ります。
その間に、ガイドさんが運転手さんに城邑民俗村と済州民俗村を回るコースで50,000wと話をつけてくれました。
ロッテホテルでガイドさんとお別れして、私たちはそのままの車で東南部に観光に行くことになりました。

この運転手さんは日本語に堪能な方で、道中の見所の説明をしてくれたり、チケットを買うときにも手助けして頂きました。
実は、この話をつけてくれたロッテ観光のガイドさんには、前日、競馬場に行くのを不審がられたり、半日観光はやめて1日に変えたらどうかなど着くなり言われて、あんまりいい感じを持っていませんでした。
でも、この一件で好感度アップ。
失礼しましたm(__)m

|
|

« チェジュ番外編-3 | トップページ | チェジュ番外編-4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/14020983

この記事へのトラックバック一覧です: チェジュ2日目-3:

« チェジュ番外編-3 | トップページ | チェジュ番外編-4 »