« SFJリニューアル♪ | トップページ | 「ずっと会いたい」 »

2007/02/21

チェジュ2日目-2

済州で使ったカード支払いの詳細を見てみました。
レートは日によって微妙に違うけれど約0.13。10,000wのお買い物が1,300円くらいの支払いです。うーん、やっぱりレート悪っ(>_<)

天帝淵瀑布(チョンジェヨンポッポ)をあとにして、山房山(サンバンサン)へ。
P2120113

済州島東に位置する山房山。
特徴のある鐘型のこんもりした山。もちろんオルム。
粘性の強い溶岩が上に押し出されたまま固まり、こんな不思議な形の山を作ってしまいます。

ここには山房窟寺(サンバングルサ)というお寺があります。
ふもとに本堂があり、読経が聞こえていました。スピーカーから(^_^;)
中で読んでいた声なのかは未確認。。。
P2120115

山の中腹までは樹木が茂っています。それが途切れるあたりに洞窟があり、石仏があります。
ふもとには菜の花が咲いています。とりあえずふもとでトイレを済ませて上を目指します。
きつい階段がつづら折りのように続きます。息が上がる。足が上がらない~。
スロープの方が登りやすいと思うけど、この山はスロープでは登れないわね(--;)
約10分などと聞いていましたが、それではとても無理。途中に土産物屋もあり、休憩できるベンチもあります。
ちょろちょろ小休止しながら上に。

P2120117

さて、20分くらいかかったかしらん?洞窟に到着。
P2120118

入り口近くにお坊さんらしき人がいて、前の台に参拝の記帳ができるようになっています。じっと手元を見つめられましたが、一言も発せず、ただいらっしゃるだけです。
日本人名もかなり書き込まれていました。後ろから登ってきた人たちもかなりの日本人率でした。
石仏の斜め下にあるのが薬水。飲むと寿命が延びると聞いたので石仏にお賽銭をあげ、一杯ずつ飲んできました。

下りは大変早く、10分もかかったかどうか。
無事に足が笑うこともなく降りてきました。
まさか、済州まで来て、山登りをするとは思いませんでした。
この間、ガイドさんは下にいて待っていました。他の人たちのガイドさんたちもしかり。たばこを吸ったりして休憩です。

P2120116_1
途中で見た海辺。大きな船が展示されているようです。
聞きそびれたのですが、このあたりは17世紀の半ば、オランダ人のハメルが漂着したはず。その関連のものだったのかもしれません。

|
|

« SFJリニューアル♪ | トップページ | 「ずっと会いたい」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/14001448

この記事へのトラックバック一覧です: チェジュ2日目-2:

« SFJリニューアル♪ | トップページ | 「ずっと会いたい」 »