« アップル~~(^_^;) | トップページ | 「カン・ホドンのベストカップル」 »

2006/11/14

ソウルこぼれネタ

こぼれネタ~。
初韓国で面白いと思ったことや気づいたことを書いてみます。

地下鉄でのお話。

車内に物売りが来る!マジでした。会いました。
初日に見かけなかったので最近はいないのかな?と思い始めた、たしか2日目。
車のついた縦長の箱をひいておじさん登場。
大きな声で挨拶をして口上を述べ始めます。手袋の販売でした。
ひととおり話し終わったところで、手袋をいつくか持って車内を回ります。
この日はとても暖かい日で、薄着でも地下鉄車内では汗ばむ陽気。売れたところは見ませんでした(^_^;)

たしか3日目の朝。今度はタオル。サッカーの試合などで持つ長いタオル。なんて言うんだっけ???
これまた売れたところは見ませんでした。

またまた3日目。今度は募金。
お金を入れる箱を持った人が口上を述べる。「トアジュセヨ」(助けて下さい)だけ聞き取れました。
箱を持って車内を歩くと、何人もの人が入れていました。
これは1人じゃなくて複数で回っていたと思います。

どれも駅から駅の間のことで、駅に着くと降りていってしまいました。

乗換駅で他の線に乗り換える場合、矢印通りに行けば着くのですが、行きたい路線が青色の4号線でも途中で行き先によって矢印が左右を指していることがあります。
島状のホームではなくて向かい合わせの場合は、ホームに着くかなり前から道が分かれてしまうことがあって、これを間違うとそのかなりの距離を戻らなければならなくなります。階段の上り下りがあったりしてかなり辛い(--;)
路線図は手元に持って、いつでも行き先を確認できるようにした方がいいです。

行き先や駅名の表示はたいていハングル、漢字、英語表示が揃っています。漢字は日本語というより中国語かな。案外英語表記は読みにくいのでハングルが読めると楽です。

乗り換えの時など、よく道を聞かれました。相手を確認せずにとりあえず横にいる人に聞く、これが韓国スタイルかもしれません(^_^;)
見た目日本人に聞いてもねえ。。。
一度はお婆さんに聞かれて、友達が「ボラヨ」(わかりません)と答えると日本語で「日本の方ですか?」と話しかけられました。ご主人が福岡出身だとかで、どこから来ましたか?と思わず日本語会話に。
路線図を手にしていたので、ついこちらが道を調べましょうかと言うと、ソウルに住んでいますから大丈夫です、と私たちを気遣って見送ってくれました。
見送られた私たちは、降りるはずの階段を上がってしまい、すごすごと階段を下りてきたのですが(笑)、お婆さんは反対側のホームへの階段を下りていきました。

韓国の人は日本語が話せる人、わかる人がかなりいます。年配の方は過去の経緯もあって話せる人は多いとか。
わからないだろうと日本語で好き勝手話していると実は全部わかっていた、なんてこともあるそうです。

出口を探そうとホームの案内図を見ていると何人か話しかけてきます。
聞かれたのかと思ったのですが、今思うと、教えてくれようとしていたのかも。
親切というかお節介というか、とにかく声はかけたくなるのではないかしらん。

エスカレーターは右側に立ち、左側を歩いてのぼる人が通ります。
乗り換えや歩き回りに疲れて立っている私たちは元気なおじさん、おじいさんたちにかなり抜かれました(^_^;)
留学生の方曰く「韓国人はせっかちだから」。うーん、私たちに体力がないってことなんじゃ???

地下鉄入り口で、座り込んで前に箱を置いているおばあさんがいました。
通りがかる男性も女性もお金を少しずついれていきます。
車内の募金といい、こういう施しというか助け合いには積極的なようです。

またまた入り口で、前を歩いていたおばさんと降りてきたおじさんが何か声を掛け合いました。
知り合いかなと思っていたら、立ち止まるでもなく、通り過ぎたあともおばさんは何かしゃべっています。
どうも、気に入らないことが双方にあったようで、グチグチ言いながら歩いていたみたい(^_^;)
このおばさんの出で立ちがすごくて、上から下まで、バッグから靴まで青でした。お見事っ。

車内で携帯で話す人はいますが、車内で流れていた映像でマナーを流していたのがあって、携帯電話で話すのは問題になっているようでした。
びっくりしたのが、1人で乗っていた若い女性がいきなり携帯で自分の写真を撮り始めたこと。
座っていたのですが、何枚も撮っては吟味している様子。
普通の女の子でした。不思議な瞬間。。。

朝、駅でのこと。
券売機が板で囲われていて使えません。窓口は開いているので切符は買えましたが、日本なら窓口が閉まっていて券売機のみはあっても反対はないような。。。
乗換駅で、動く歩道があったのですが、片方は動いているのに反対向きは止まったまま。メンテでも故障でもなく止まったままで、みんな通路を何事もなく歩いていました。片方つけ忘れただけ???

券売機は基本的には料金ボタンを押してからお金を入れます。
中には、900W買うのにボタンを押すとまず900と表示され、入れた分だけ数字が減っていくのもあります。
いくつもボタンがあるのと、900Wと1100Wのふたつしかボタンのないものもあります。
新しい駅では、お金を入れてからボタンを押す方式のものもありました。

窓口で買う場合、10000Wで900Wの切符を買うと9000W分のお札の束をあらかじめ作ってあって二つ折りにしたものをまずくれ、残りの100Wの硬貨がピタッと飛んできます。5000Wの場合でもお札は二つ折りで出てきます。
人がいないときに束を作っているのかしらん?

|
|

« アップル~~(^_^;) | トップページ | 「カン・ホドンのベストカップル」 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/12689261

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルこぼれネタ:

« アップル~~(^_^;) | トップページ | 「カン・ホドンのベストカップル」 »