« 第2弾♪ | トップページ | 関西でシウォンさん »

2006/04/20

うーん・・・

Mnet「WIDE ENTERTAINMENT NEWS」は結局は3つありました。
3夜に渡って放送されました。
今晩はその3つ目の字幕版の放送があります。
そのうち、ヨンハさんは2夜目にたくさん出ていましたが、3夜目はなし。残念。

韓国の歌手の人たちと日本で共演するということに緊張と期待が入り交じったような話をしていました。
4年ぶりと何度も話していたし、役者としての姿を見せたいとも。
次はどんな姿を見せてくれるのか楽しみにしていましょうか。

ああ、姿といっても、ミニホに出ていた鏡を通してのセルフカメラ写真、前髪をゴムで結んでおでこ全開のアレみたいな意味じゃなくて(^_^;)、歌手でも俳優でも生き生きしている姿という意味で。
あのおでこ、実は自慢なのかも?とちょっとうけてしまいましたー。

Mnetの映像はミニホと3asianで見られるようです。
見られる環境にない方には朗報でしょう。
でも、視聴料でなりたっている局の映像を公にしている点にはやはり苦々しさを感じます。
映像が実際の放送よりずっと荒いことや、権利関係にアバウトな韓国サイトでのことでもありうるさく言う必要はないのかもしれません。
でも、それを権利に厳しいはずの日本のファンがアップして、それを見て大喜びしているのはやはりおかしいと思います。
頭が固いと思われるかもしれませんが、左サイドバーにリンクしているサイトでも書かれている、「肖像権」「パブリシティ権」のことはファンの1人1人が気にしておくべき事だと思うのですが。。。
自分が撮ったものでもなく、被写体になった人の許可もない写真や動画を個人サイトに載せている方もいるようですが、それは違反であり、権利を侵しているという事実を意識してほしいと思います。

個人で録画する、友達に見せる。そういうことは誰でもどこでもある話でしょう。
ただ、公に、不特定多数の人が見られる場で大っぴらに言うことは憚られるべきではないでしょうか。

|
|

« 第2弾♪ | トップページ | 関西でシウォンさん »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

何かと話題の可愛いおでこ。
「sometime」のあの衝撃(^^;)映像が思い出されますよね。
船上でタンクトップを頭に巻こうとして、うまくいかない。
「なにやってんの~^^」と軽い突っ込みを入れながら、見ていた次の瞬間、海に入ったヨンハが…。
今までと違う意味で、目が釘付けに。
あのミニホの写真を見て、「sometime」を見直した(見比べた?)人も多いのでは。
私も見ました。(^^ゞ
「sometime」のDVDはたまに見ますよ。カーテンで戯れるヨンハ、砂浜で遊ぶヨンハ、フリスビーをするヨンハ。可愛いですからね。
あっ、もちろん海に入ってるヨンハも超可愛い*^^*

ところでアルバム3枚購入特典は、いったいいつ発送されるのでしょうね?
この特典映像には、ビックリ映像はないと思いますが…。(^^;)

投稿: nonno | 2006/04/21 08:14

↑の追加です。
SFJに駄目もとで問い合わせましたが、発送に関してはわからないとの事。(やっぱり)
ポニーキャ二オンに問い合わせのメールを入れましたが、いまだに返信がありません(-_-)

投稿: nonno | 2006/04/21 10:33

nonnoさん
おでこ、なんといっていいのか、ねえ(^_^;)
もう見慣れましたけど(笑)
「sometime」は初めて見たのが横浜のホテルでした。ヨンハファンの人と一緒に見て、目が点になった覚えが・・・。
夜中にもう一度見たときは、みんなで「M…」と言ったおぼえも(#^.^#)
アレも魅力の一つに見えるからファンって単純ですよねー。

フォトブックは今月下旬が予定でしたよね?
もう少しかかるか・・・。今月中に届いたらいいですね。受領書はしっかり保管しています(^_^)v

投稿: 九月 | 2006/04/21 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/9686066

この記事へのトラックバック一覧です: うーん・・・:

» パブリシティー権タレントに、出版社へ賠償命じる(東京高裁) [ブログで情報収集!Blog-Headline]
「パブリシティー権タレントに、出版社へ賠償命じる(東京高裁)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 ... [続きを読む]

受信: 2006/04/27 22:26

« 第2弾♪ | トップページ | 関西でシウォンさん »