« そろそろ・・・ | トップページ | 明日はグランキューブへ »

2005/11/09

続 韓国映画フェスタ

イオンシネマで開催中の韓国映画フェスタ、今日は「マイ・リトル・ブライド」を見てきました。
朝、9:35からのこちらを見たら、続けて「蝉しぐれ」を見られるタイムテーブルだったので、今日は映画を2本(*^_^*)
たまにはこういう日があってもいいよねえ~。
今日は水曜日でレディースデーでした。2本で2,000円。

「マイ・リトル・ブライド」
キム・レウォン、ムン・グニョン。
ムン・グニョンと言えば、「秋の童話」で子供時代を演じていたあの子です。ついでに母親役も「秋の童話」と同じソヌ・ウンスク。

今日は観客は約25人。一番後ろの真ん中の席を取りました。うん、のびのびできて、よく見えていい席です。

ラブコメディーだと聞いていたので、笑えると思って楽しみに行きましたが、なかなか面白かったですよ~。
笑えます、韓国映画らしい笑いがあちこちにあります。オールドミスの先生や策略を巡らせたハラボジ(おじいさん)などなど芸達者な役者がたんまりいます。
ムン・グニョンはやっぱりうまいし、とってもかわいいです。

主役の2人の気持ちが初めはハラボジにはめられただけなのかと思っていたので、どう変わるんだろうと見ていました。
いやあ、変わるんじゃないんです。へえ~という展開で途中から、あれ?これは思っていたのと違うかもと思わせました。後半は2人の気持ちがだんだんと見えてきて、うるうるしてしまいました。
コメディではあるけれど、素敵なラブストーリーでした。

まあ、こまかくツッコミしたいところはあるけれど、思っていたよりも中身があって、とにかく主役のふたりがいいです。
キム・レウォン作品が見たくなりました。

トイレに行って、コーヒーを買ったら今度は「蝉しぐれ」の開演。
こちらは藤沢周平ワールド。
やっぱり一番後ろの真ん中の席。
泣くと聞いていたのですけど、私は泣くところまではいきませんでした。
松本幸四郎、いい役者になりましたね~。木村佳乃もとっても良かった。
もっといいなと思ったのは文四郎の子供時代を演じた石田卓也と、ふくの子供時代を演じた佐津川愛美。
幼いけれど切ない様子はぐっときます。
映像の美しさをちょっと期待していたのですが、それはまあまあというところ。
でも邦画時代劇らしい静、絶妙の間合い、言葉の美しさ。いいわあ。

今日の2作品、もし反対の順番で見ていたら、あとに残るのは「マイ・リトル・ブライド」かなあ。
藤沢作品はどーんと迫ってくるものではありませんし、昔の日本的な心で泣くものよりもムン・グニョンの涙と幸せそうなエンディングの方が好きかな。

次は泣く映画が見たいです。

|
|

« そろそろ・・・ | トップページ | 明日はグランキューブへ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

九月さん今晩は。お久しぶりで~す。(耳の奥でヨンハの声が~)自分の話している言葉がヨンハの声で蘇ってくるのです。かなりきてますね。あぶないあぶない。毎日毎日コンサートの余韻を思い起こし、ガールを聞き、ブルーで締めくくっています。映画はいいですね。ゆっくりできましたね。わたしは、今まで映画は2人で行って楽しむものと考えていました。でもお友達にひとりで観るのもいいものよと聞き、映画ひとりデビューをしようかなと思っていたところです。ま、実際韓国映画を一緒に観に行ってくれる人もいないのですが、、、。ビデオで借りてきたものに今までハズレはありませんでした。感動したり、楽しめました。マラソンは映画館で見て、感動しましたよ。特に母親役の方に魅入ってしまいました。上手でした。映画は精神面でもケアしてくれますよね。九月さんと映画を観にいけたらなー!

投稿: keme | 2005/11/10 21:16

kemeさん
「お久しぶりでーす」はヨンハバージョンでしっかり読みました(笑)
映画は結構ひとりで行きます。最近は指定席で、椅子もゆったりだし、女性1人でも問題ありませんから。
好みの合う友達と行けば、あれこれとお茶しながら話せていいのですけど、確かに韓国映画は仲間がなかなかいませんね。
マラソン、見ました。
今度のフェスタでもマラソンもあるんですよ。見に行けたらいいんですが。
kemeさんとお会いするには、東京待ち合わせかしらん?お互い遠いですね。

投稿: 九月 | 2005/11/10 22:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/7002597

この記事へのトラックバック一覧です: 続 韓国映画フェスタ:

« そろそろ・・・ | トップページ | 明日はグランキューブへ »