« 名古屋報告 その1 | トップページ | 名古屋報告 その3 »

2005/02/13

名古屋報告 その2

小出しでごめんなさい。
頭の中がぐじゃぐじゃなので、前後があやしいです。すみません。

MCがとっても多かったです。通訳のユンさんたいへんだなあと思うほど続けて話す話す。ああ、韓国語がわかったらなあとまたまた思いました(>_<)
「今日(オヌル)」のあと、「大好きな曲だし、今日は歌詞が入ってきて泣いてしまいました」「すみません」と何度か言ってました。
ゆうもぐさんとあとで話していたのですが、とにかく表情がいいんですよね~、ヨンハさんは。バラードが中心ですが、とにかく感情がどっぷり入っている感じで聞かせます~。スクリーンのアップなんてファン骨抜きです♪声はとても出ていたし、すっかりヨンハワールド。
間奏や歌い終わりのところでもなかなかマイクを口からはなさず、目を伏せていたり、遠くを見つめていたりする姿がもう素敵~(>_<)
大阪のときとはアレンジが変わっていたり、ヨンハさんの歌い方が変わっていたり、余裕が見られました。楽しそうで、また楽しませようというかんじもあって良かったです。

1階ははじめから総立ちです。ヨンハさんも「みなさん立ったままですね」と言っていたような。辛いのは2階最前列(T.T)スタッフが座るように言いに来るんですよ~。後ろの席の方も立っていいと言ってくれたのにぃ。暫定策にイスを上げた状態で座るということもしました。座席に座ったままだと足とお尻がむずむずします~。
それでも「Fiction」あたりからは注意もなく立てました。乗り出したりなんかしませんって。大人ですよ~。後ろ全部立っていたからスタッフには見えなかったかな。
会場のノリ、とても良かったと思いました。しずかにMCも聞いていました。ときどき話している間に声はかかっていましたが、邪魔になるほどではありませんでした。「ヨンハー」と声がかかって、ヨンハさんが「なに?」と言った場面もありましたっけ。
前の席の方にタッチしたり握手したりの場面はありましたが、届きそうで届かないことがあって、どうもわざとじらしていたようでした(^_^;)いたずらっこがまたでましたか。
薔薇の花を一輪渡した方があって、それを受取りキスをしてまたその方に返しました。ちゃんと向きを変えてそっとです。知っている方だったのかしら。

名古屋のステージは狭いです。ここで踊れるのかなあと不安になるくらいに。モニターやスピーカーもありますものね~。ただ、左右に張り出した花道があります。前日はやらなかったそうですが、最終日はステージぎりぎりに置かれたスピーカーの横をすり抜けて行っちゃいました、ヨンハさん(^_^;)
でも、あんまり観客が近いから手でよけてくれるように合図をするんです。左の花道に行ったときはスタッフが必死でファンとの間に入ったのが見えました。たいへんだ~。
とにかく「今日はやってしまいたいんだ!」という雰囲気でしたね。
観客席に飛び込んだときもスタッフは両サイドからも猛ダッシュでしたよ!無茶しますよね~。通路前で手のひらを左右に振り、水平に大きく回す仕草をしたので、なんだろうと見ていると、2、3回続けたので、まさか走るつもり?と思いましたが、どう見ても通路は狭く、ファンがよけていてもそれは無理でしょってかんじでした。が!飛んだ!!!本当に飛んだ!!!
事情を飲み込めていなかったファンなら駆け寄ってしまいますよ~。すぐにステージに抱え上げられてしまいました。ですが、本人はいたずらが見つかってしまったような表情で落ち着いて上着を脱いでました(^_^;)
事故がなくてよかった。でも、走っているのも見たかったなあ~(爆)

その3へ続く
その1はこちら

|
|

« 名古屋報告 その1 | トップページ | 名古屋報告 その3 »

「パク・ヨンハ」カテゴリの記事

コメント

おおありがたや、ありがたや、の九月さん。
臨場感感じるレポをどうもありがとうございます。
「今日はやってしまいたいんだ!」という雰囲気、そんな場に居合わせたかったなぁ、やっぱりおんなじ空間で過ごす時間って、必要だわ、とつくづく感じました。

もし次、コンサートがあって、今回みたいなスタッフもだまくらかす「思いつき」が、ファンと本人の息がピタリと合って成功したら、面白いですね。。。まだまだ続く、とのことですので、楽しみにしています。

投稿: 수미 | 2005/02/13 02:50

九月さん、こんにちは。

その1から、楽しく読ませてもらってますよーー。
いつも、優等生っぽく見られてきたヨンハ君。最後はちょっと無茶してみたところが、また素敵ですね~。日本での活動にも余裕が出てきたのかな?会場を一回りさせてあげたかったなー。皆が整然と手拍子なんかで我慢してくれたらねー。そうしたら後の人もヨンハ君を間近でみれたんでしょう。無理だと解ってるけど・・・。
事故が無くて本当に良かったですよー。

歌ってる時の表情が実に良いですよねー。だからかもしれませんが、スクリーンを見てるのがイヤじゃないというか・・・。スクリーン見て感動しちゃうというか・・・。歌い方も感情の入れ方も日によって違うでしょう。14公演やりながら、あんなにも成長するものか・・と驚きです。

でも、miniHPでは、「心残り」と題していて。まだまだ、やりたい事があったのかなー?きっと、彼自身にもコンサートへの欲が出てきたのかもね。2ndが本当に楽しみ!そして九月さんの次のレポも!

投稿: しろくま | 2005/02/13 14:02

sumiさん、ハングルで書くと2文字なんですね~。あ?私も3文字ですむわ(^_^;)
구가주でよろしいかしらん~(^^ゞ
ありがたやと言って頂くと、穴があったら入りたい気になります。雰囲気が伝わっていると嬉しいなっと。
「思いつき」、ヨンハさんの気分が見えてくるようでした。寂しさはあってもこの瞬間を楽しんでしまうぞ!という空気が会場にあふれていました。

しろくまさん、そうです、スクリーンはコンサートでは盛り上げる手段であることが多いと思うのですが、ヨンハさんの場合は見たくなりますね。前に本物がいるのに。あの表情は魅せられます(>_<)
成長していますよね~。もうっ、歌がどんどん素敵になっちゃってすごいです。
「心残り」、まだまだやりたい~!じゃないかなあ(#^.^#)

投稿: 九月 | 2005/02/13 22:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/2904660

この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋報告 その2:

« 名古屋報告 その1 | トップページ | 名古屋報告 その3 »