« 海外ドラマ試写会 | トップページ | 10月からの韓国ドラマ »

2004/09/27

違法の意識

最近、一時やめていたオークションをうろうろしています。欲しいDVDを求めてなのですが、違法コピーははいつから野放しになったのでしょうか。

PC専用のDVD-Rというのは正規のものからPCなどでコピーしたものでしょう?それを安値で売ってる人の多いこと!
コピーなんてほんの少しの知識と時間があればできます。でも、元々のものをお金、時間、多くの人たちの努力で作った人の権利はどうなります?他人の作ったものをコピーして利益を得る。いえ、たとえ無償であっても個人的に楽しむことと配布することとは違うでしょう?
市販のDVDやテレビ番組、インターネットから取り込んだ動画をさも自分が作ったような顔で、配布するのを見つけると腹が立ちます。また、それを買う人、もらって喜ぶ人がいることにも。

|
|

« 海外ドラマ試写会 | トップページ | 10月からの韓国ドラマ »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

九月さん、こんばんは。

私もオークション大好きで良く見ているのですが、九月さんがおっしゃる通りコピー物が随分売られていますよね。コピーとは言わず、バックアップ用と表現したり、何も書かず「値段からお察し下さい。」と言うのも見かけました。韓国のDVDはコピーが簡単にできるんです。日本製は、ひと手間いるというか簡単にはいかない物が多いようです。(主人談)

以前、まだビデオ全盛の頃「コピーガード除去装置」をかった事を思い出しました。除去装置そのものが違法となる為、もうじき販売禁止になると聞いてあわてて買ったんです。でも結局一度も使う事はありませんでした。

以前から、コピーをガードしようとする製作者サイドと何とかしてコピーしてやるぞという悪者達とは、いたちごっこを繰り返しているんですよね。そして又コピーした物を売ってお金にしようとする常識はずれの人達が・・・・「犯罪だという自覚はあるのでしょうか?」

投稿: しろくま | 2004/09/28 22:05

しろくまさん、コメントいただけて嬉しいです。

「違法の意識」については以前から書いておきたいもののひとつでした。
個人的に予備を作っておきたいなら理解できます。私もレンタルしたビデオをダビングしてましたから。

コピーできたから、取り込めたから自分の勝手というのではなく、それを配布する、売るという二次使用が犯罪であるという常識が踏みにじられてます。それも隠れてではなく、堂々と行われているのが現実ですからね~。

多数に配布することが横行したためにCCCDやレーベルゲートなどと言われるCDもどきが作られることにもなってしまいました。
価格が高いとか、地域限定で見られないからコピーでも
欲しい、でもそれじゃだめですよね。コピーなんかを喜んじゃいけないです。

投稿: 九月 | 2004/09/29 10:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/49262/1536048

この記事へのトラックバック一覧です: 違法の意識:

« 海外ドラマ試写会 | トップページ | 10月からの韓国ドラマ »